EN

社会福祉学科 子ども専攻 児童福祉コース

  • コース概要
  • カリキュラム・科目

子ども・家庭・地域と向き合いすべての子どもの笑顔を支えます

  • 学びについて 今、保育の場においても、児童虐待や障がいのある子ども、子どもの貧困など、子どもが抱える問題に取り組む人材が必要とされています。
    福祉の視点から、子どもへの支援を学ぶことで、子どもの笑顔のために力を尽くす「守備範囲の広い」専門職を養成します。
    身に付く能力
  • 育成する人材 社会福祉士資格を生かして、児童相談所等のソーシャルワーカーとして児童福祉行政に携わったり、保育士資格を生かして、保育所や児童養護施設、障がい児施設等の保育士や児童指導員、また、幼稚園教諭としての道もあり、いろいろな場面で「子ども」の心身ともに健全な育成・発達に関わる仕事に就きたいと考えている人が学ぶコースです。

活躍が期待される場所

  • 保育所
  • 認定こども園
  • 幼稚園
  • 児童相談所
  • 乳児院
  • 児童養護施設
  • 障がいのある子どもを支援する施設
     ・障害児入所施設
     ・児童発達支援センター
                  など

目標とする資格

  • 社会福祉士国家試験受験資格
  • 保育士国家資格
  • 幼稚園教諭一種免許状
  • 社会福祉主事任用資格
  • 老人福祉指導主事任用資格
  • 家庭相談員任用資格
  • 児童指導員任用資格
  • 児童福祉司任用資格
  • 身体障害者福祉司任用資格
  • 知的障害者福祉司任用資格
  • 認定病児保育スペシャリスト
  • レクリエーションインストラクター
  • アクティビィ・ワーカー
  • 介護職員初任者研修課程 ※
  • ケアマネジャー受験資格

※ 旧 訪問介護員のことです。

  • :本学を卒業することによって得られる資格
  • :本学において所定の科目を履修し、卒業することによって得られる資格
  • :本学が指定した講習等を受講し、修了することで得られる資格
  • :本学卒業後、指定施設・機関における1年以上の実務経験を積むことによって得られる資格
  • :本学卒業後、指定施設・機関における5年以上の実務経験を積み、試験に合格することによって得られる資格

豊かな人間性で子育てを支援するプロフェッショナルを目指して。

  • 学びについて 少子高齢社会へ進行している現在において、少年犯罪、実父母による児童虐待、子育てへのストレス、いじめ、不登校など児童を取り巻く環境は決して良いものとは言えないでしょう。この児童福祉コースでは「地域子育て支援社会構築」「保育所の保育士スーパーバイザー」「家庭子育てのアドバイザー」等で実際場面を中心に総合的に学び、児童福祉の現場で実際に働く職員に求められるセンスや感性を身につけます。社会福祉士国家試験受験資格を取得することによって子どもを保育・養護するだけでなく相談援助のできる真の児童福祉のスペシャリストを目指します。

カリキュラム

※カリキュラムは変更になることがあります。

学年基礎教養科目専門科目
1年次
[必修]
哲学
心理学理論と心理的支援
道徳教育
健康論
ボランティア活動Ⅰ
スポーツ及びレクリエーション実技
情報処理演習
英語Ⅰ
英語Ⅱ
教育原理
基礎演習Ⅰ
[必修]
人体の構造と機能及び疾病
保健医療サービス
相談援助の基盤と専門職
福祉心理学
相談援助演習Ⅰ
保育原理Ⅰ
保育の心理学Ⅰ
子ども家庭支援の心理学
保育内容(健康)
保育内容(環境)
保育の表現技術Ⅰ音楽
保育の表現技術Ⅰ図画工作
保育の表現技術Ⅰ体育
2年次
[必修]
倫理学
日本国憲法
基礎演習Ⅱ
ボランティア活動Ⅱ
[必修]
現代社会と福祉
障害者に対する支援と障害者自立支援制度
児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
教職概論
教育社会学
相談援助演習Ⅱ
教育方法論
社会的養護Ⅰ
社会的養護Ⅱ
子どもの食と栄養
児童文化(演習)
保育内容(人間関係)
保育内容(言葉)
保育実習Ⅰ(施設)
保育実習指導Ⅰ(施設)
保育の表現技術Ⅱ(幼児音楽指導法A)
障害児保育
[選択必修]
生活科概論
3年次
[必修]
総合演習Ⅰ
[選択必修]
児童文学
[必修]
子どもの健康と安全
乳児保育Ⅰ
保育実習Ⅰ(保育所)
保育実習指導Ⅰ(保育所)
保育実習指導Ⅰ(施設)
保育内容(表現)
保育の表現技術Ⅱ(幼児美術指導法)
保育の表現技術Ⅱ(幼児音楽指導法B)
臨床心理学
保育者論
保育教育課程論
4年次
[必修]
総合演習Ⅱ
特設科目:論語
[選択必修]
読書指導と文芸
[必修]
幼児理解と教育相談
幼稚園教育実習事前事後指導
幼稚園教育実習
地域子育て支援論
保育教職実践演習
特別支援教育論
子どもの保健Ⅰ
家庭支援論
保育内容(総論)
保育実習Ⅱ(保育所)
保育実習指導Ⅱ(保育所)
乳児保育Ⅱ
  • 海外医療福祉研修(フィリピン)1~3年次選択科目
  • 海外語学研修(カナダ)1~4年次選択科目

科目紹介

  • 1年次 保育の表現技術Ⅰ(図画工作) スクラッチや紙工作に取り組み、自己の造形表現能力を高めるとともに、幼児への指導方法を修得します。
  • 2年次 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度 子どもや家庭の現状と課題を理解し、子どもや家庭に対する子育て支援のあり方や具体的な福祉制度を学びます。
  • 3年次 子どもの保健 子どもの健康問題を把握し、心身の健康づくりと保健活動の重要性について学びます。また、保育現場における衛生管理・安全対策についての理解も深めます。
  • 4年次 講座:病児保育 風邪や発熱など(保育所では預かってもらえない)軽度な突発的な状況で子どもを預かり、ケアを行なう認定病児保育スペシャリストの資格取得のための特別プログラムです。
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会