EN

短期大学部 医療福祉学科 介護福祉コース

  • コース概要
  • カリキュラム・科目

群馬県内で唯一の介護福祉士養成短大 即戦力を身につけます

  • 学びについて 本コースは自信を持って介護現場で活躍できるように、介護福祉士をはじめスキルアップできる資格の取得を目指すコースです。短大ならではの演習系授業を通じて基礎教養やコミュニケーション能力の向上を図ることができます。さらに充実した介護実習で即戦力となり得る介護福祉士の養成を目指します。
  • 育成する人材 介護福祉士として、特別養護老人ホームや、介護老人保健施設、デイサービスセンター、有料老人ホーム、小規模多機能型居宅介護、障害者支援施設、重症心身障害児施設など様々な分野での活躍が期待されます。さらに、本学での学びを活かし、介護リーダーとして活躍が期待されます。

活躍が期待される場所

  • 特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)
  • 介護老人保健施設
  • 有料老人ホーム
  • 認知症高齢者グループホーム
  • 短期入所生活介護(ショートステイ)
  • 障害者支援施設
  • サービス付き高齢者向け住宅 など

目標とする資格

  • 介護福祉士国家試験受験資格
  • 社会福祉主事任用資格
  • レクリエーションインストラクター
  • アクティビティ・ワーカー
  • 初級障がい者スポーツ指導員
  • 介護保険事務士(介護事務)
  • ケアマネジャー受験資格

  • :本学を卒業することによって得られる資格
  • :本学において所定の科目を履修し、卒業することによって得られる資格
  • :本学において所定の科目を履修し、試験に合格することによって得られる資格
  • :本学卒業後、指定施設・機関における5年以上の実務経験を積み、試験に合格することによって得られる資格

カリキュラム

※カリキュラムは変更になることがあります。

学年科目学年科目
1年次
[基礎科目]
道徳教育
スポーツ及びレクリエーション実技
医療・福祉・教育の基礎
マスメディア論
チームケア教育
[専門科目]
基礎演習
ボランティア活動Ⅰ
[介護福祉士指定科目]
人間の尊厳と自立(哲学)
人間関係とコミュニケーション
社会と制度の理解
介護の基本Ⅰ
介護の基本Ⅱ
コミュニケーション技術
生活支援技術Ⅰ
生活支援技術Ⅱ
介護過程の展開Ⅰ
介護総合演習Ⅰ
生活支援実習Ⅰ-①
生活支援実習Ⅱ-①
発達と老化の理解
認知症の理解
障害の理解
こころとからだのしくみⅠ
医療的ケアⅠ
[講座]
介護福祉特講Ⅰ
[コース科目]
手話
点字
2年次
[基礎科目]
情報処理演習(Excel & Word)
[専門科目]
総合演習
ボランティア活動Ⅱ
[介護福祉士指定科目]
介護報酬請求事務
福祉住環境
障害者スポーツ
レクリエーション活動援助法
介護の基本Ⅲ
生活支援技術Ⅲ
生活支援技術Ⅳ
生活支援技術Ⅴ
介護過程の展開Ⅱ
介護過程の展開Ⅲ
介護総合演習Ⅱ
生活支援実習Ⅰ-②
生活支援実習Ⅱ-②
こころとからだのしくみⅡ
医療的ケアⅡ
医療的ケアⅢ
医療的ケアⅣ
[講座]
介護福祉特講Ⅱ
リンパマッサージ
就職指導
[コース科目]
アクティビティ・サービス援助技術

科目紹介

  • コミュニケーション技術 介護を必要とする人は障害によってコミュニケーション活動を得られないで生活することが多くなります。そういった様々なコミュニケーションのしづらさを知り、コミュニケーションを図るにはどのような支援や配慮があるのか、さらにそのための具体的な取り組みや方法について学びます。
  • 医療的ケア 医療的ケアを実施するにあたり、なぜ介護福祉士が行なうことになったのか、その歴史的背景を理解することが必要となります。医療的ニーズを理解し、専門職としての倫理を学び、医療的ケアを行なうものとしてのものの見方、考え方を養います。
  • リンパマッサージ リンパ系とは何かを学ぶことから始まり、リンパ の循環と機能、リンパ系の解剖学と生理学など、 リンパマッサージに必要な知識・技術の学びを 通じて、健康づくりに関する考えを深めます。
  • 点字 視覚障害者にとって点字はいかに重要な役割を果たしているかを知り、視覚障害者の困難や不自由を知り理解を深め、点字の技法の初歩を身につけます。点字で簡単な文章の読み書きができるまで習熟することを目標とします。
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会