EN

リハビリテーション学部 作業療法専攻

  • コース概要
  • カリキュラム・科目

豊かな感性と教養を身につけ、健康で幸福な生活を支援できる作業療法士を養成します

  • 学びについて 作業療法士は身体や心に障がいのある方や、発達に障がいのある子ども、高齢者の方を対象とします。
    治療手段として「作業(activity)」を用いるため、解剖学や運動学で人間の体の動きを理解します。また、身体や精神の疾患や、基本となる脳の働きについて学びます。
    対象者のより良い生活を実現するために身近な生活そのものに医療的な立場でアプローチするプロフェッショナルを目指します。
  • 育成する人材 作業療法の対象となる様々な分野で活躍できる人材を育成します。病院、福祉施設はもちろん、学校や行政機関など作業療法士の活躍できる場は拡大されています。青年海外協力隊として海外で活躍する作業療法士や地域で住民に密着した作業療法を実施したいと考えている方など、様々な分野で働くことができる人を育成します。

活躍が期待される場所

  • 病院
  • 診療所
  • 地域包括支援センター
  • 介護老人保健施設
  • 訪問リハビリテーション事業所
  • 生活介護支援施設
  • 生活介護事業所
  • 特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)
  • 老人デイサービスセンター
  • 身体障害者福祉センター
  • 精神保健福祉センター
  • 児童発達支援センター
  • 更生相談所
  • 保健所
  • 職業訓練施設
  • 特別支援学校 など

目標とする資格

  • 作業療法士国家試験受験資格
  • 社会福祉主事任用資格
  • 初級障がい者スポーツ指導員
  • レクリエーション・インストラクター
  • ケアマネジャー受験資格

  • :本学を卒業することによって得られる資格
  • :本学において所定の科目を履修し、卒業することによって得られる資格
  • :本学卒業後、指定施設・機関における5年以上の実務経験を積み、試験に合格することによって得られる資格

医療福祉分野におけるプロフェッショナルを目指す。

  • 学びについて 作業療法士は医療分野での専門性を認められた国家資格です。医学の基礎から作業療法の専門分野まで、幅広い知識と技術を身に付けます。病気や怪我の治療などで作業療法を必要とする方が「何に困っているのか、どのようにすれば楽しく生活できるのか」を専門的な目で見つめ、持っている能力を最大限に引き出すことができるよう、身体、精神、環境などを様々な方向からアプローチする方法を学びます。

カリキュラム

※カリキュラムは変更になることがあります。

学年基礎科目専門基礎科目専門科目
1年次
  • 人間哲学
  • 道徳教育
  • 教育原理
  • 生涯学習概論
  • 心理学
  • 国際文化論
  • 美術技法
  • 物理学
  • 法学
  • 経済学
  • 情報処理
  • マスメディア論
  • 医療英語Ⅰ
  • 医療英語Ⅱ
  • 韓国語Ⅰ
  • 韓国語Ⅱ
  • 中国語Ⅰ
  • 中国語Ⅱ
  • スポーツ・レクリエーション実技
  • レクリエーション活動援助法
  • 障害者スポーツ
  • 基礎演習Ⅰ
  • ボランティア活動Ⅰ
  • チームケア入門Ⅰ
  • 医療・福祉・教育の基礎
  • 解剖学Ⅰ
  • 解剖学Ⅱ
  • 解剖学実習
  • 生理学Ⅰ
  • 生理学Ⅱ
  • 生理学実習
  • 運動学Ⅰ
  • 運動学Ⅱ
  • 人間発達学
  • 臨床心理学
  • 一般臨床医学
  • リハビリテーション医学
  • リハビリテーション入門
  • 保健医療福祉論
  • 公衆衛生学
  • 作業療法入門
  • ひとと作業
  • ひとと作業活動Ⅰ
2年次
  • 基礎演習Ⅱ
  • ボランティア活動Ⅱ
  • チームケア入門Ⅱ
  • 運動学実習
  • 病理学概論
  • 内科・老年医学Ⅰ
  • 内科・老年医学Ⅱ
  • 整形外科学Ⅰ
  • 整形外科学Ⅱ
  • 神経内科学Ⅰ
  • 神経内科学Ⅱ
  • 精神医学
  • 小児科学
  • 作業療法入門実習
  • ひとと作業活動Ⅱ
  • 作業療法評価法Ⅰ
  • 作業療法評価法Ⅱ
  • 身体機能作業療法学Ⅰ
  • 身体機能作業療法学Ⅱ
  • 精神機能作業療法学Ⅰ
  • 精神機能作業療法学Ⅱ
  • ひとと暮らしⅠ
  • ひとと暮らしⅡ
3年次
  • 総合演習Ⅰ
 
  • 作業療法研究法
  • 作業療法セミナーⅠ
  • 作業療法評価法Ⅲ
  • 作業療法評価法特論Ⅰ
  • 作業療法評価法特論Ⅱ
  • 発達過程作業療法学Ⅰ
  • 発達過程作業療法学Ⅱ
  • 高齢期作業療法学Ⅰ
  • 高齢期作業療法学Ⅱ
  • 義肢装具学
  • 作業療法治療学Ⅱ
  • 作業療法治療学Ⅲ
  • 作業療法技術論Ⅰ
  • 作業療法技術論Ⅱ
  • 作業療法技術論Ⅲ
  • 作業療法特論Ⅰ
  • 作業療法特論Ⅱ
  • 臨床評価実習指導
  • 臨床評価実習Ⅰ
  • 臨床評価実習Ⅱ
4年次
  • 総合演習Ⅱ
 
  • 作業療法管理論
  • 作業療法セミナーⅡ
  • 作業療法特論Ⅲ
  • 作業療法特論Ⅳ
  • 臨床総合実習指導
  • 臨床総合実習Ⅰ
  • 臨床総合実習Ⅱ
  • 卒業研究
  • 海外医療福祉研修(フィリピン)1~3年次選択科目
  • 海外語学研修(カナダ)1~4年次選択科目

科目紹介

  • 1年次 ひとと作業活動Ⅰ 作業療法の治療手段のひとつでもある革細工や織物などの手工芸や、家事動作のひとつである調理動作を体験します。その時の身体の動きや脳の働きについて考え、作業活動の治療的効果を理解することを目的とします。
  • 2年次 作業療法評価法Ⅱ 作業療法士として対象者の状態を把握するために検査や面接、観察といった評価を行ないます。この科目では、上肢機能や精神機能などの基本的な評価技法について学び、実践できる技能を修得していきます。
  • 3年次 作業療法治療学Ⅱ 作業療法の対象のひとつである身体障害について、脳卒中や脊髄損傷などの各疾患の病態を踏まえ、作業療法の特性を活かした具体的な治療や支援方法を実際に行なえるように学んでいきます。
  • 4年次 臨床総合実習指導 臨床実習では、実際の病院・施設等の臨床場面で作業療法の一連の流れを学びます。この科目では、実習前後で必要となる知識・技術を整理することで、臨床実習での学習効果をより高めていく取り組みを行ないます。
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会