EN 受験生サイト

WEB出願

対象
総合型選抜 学校推薦型選抜(地域枠)学校推薦型選抜
学校推薦型選抜(同窓子女・子弟) 一般選抜
スカラシップ(特待生)選抜 大学入学共通テスト利用型選抜

群馬医療福祉大学・短期大学部
入学者受入方針及び入学者選抜における評価項目

群馬医療福祉大学・短期大学部では医療、福祉、教育にかかわる人材養成を行っております。従来の価値観や能力にとらわれない多様な資質を有する学生を受け入れることが重要であると考え、「一般選抜」「総合型選抜」「学校推薦型選抜」を全学部で実施します。

【求める人材像】

  • 1. 「 仁、義、礼、知、信」の精神(建学の精神)の展開の下、豊かな人間性を身に付け、ボランティア活動と環境美化活動に生きがいを見つけようとする人。[人格教育]
  • 2. 自己の安定した生活を踏まえ、社会人としての正しいものの見方、考え方で様々な課題の解決を積極的に図っていこうとする意欲のある人。[自立教育]
  • 3. 旺盛な探求心を持って学問に取り組む姿勢を持ち、医療、福祉、教育に関する専門的な知識・技能の習得を目指そうとしている人。[教養教育]
  • 4. 医療、福祉、教育に関する各種資格を取得し、逞しい実践力を持つ医療、福祉、教育の人材になりたいという強い意志を持っている人。[専門教育]
  • 5. 豊かな人間性と幅広い教養を身に付け、国際的視野で物事を判断でき、21世紀の医療、福祉、教育の分野のリーダーを目指したいと願っている人。[国際教育]

【入学者選抜の基本方針】

 本選抜では、高等学校等で主体的に学ぶ態度と能力を身に付けた将来の医療福祉従事者として活躍したいという意欲的な人や、地域において、連携・協働の視点に立ち医療、福祉、教育の向上に貢献できる優れた人材を、より多様に集積させることを目指します。
 そのため本学の実施するすべての選抜において多面的・総合的な評価をする観点から面接試験を実施しております。医療、福祉、教育の仕事は対人援助が中心となり、患者、利用者、児童・生徒および関係職員との人間関係、そのために必要なコミュニケーション能力、多様な人々と協働して学ぶ態度、姿勢等を評価いたします。
 一般選抜の学科試験においては「知識・教養」、「思考力・判断力・表現力」を評価するためすべての科目において記述式問題を出題いたします。

【具体的選抜方法と、資質・能力との関係】

(一般選抜)

 一般選抜【前期】においては国語、英語、社会、理科、数学の5教科より2科目を選択して受験する必要があります。(短期大学部は1科目)社会福祉学部、短期大学部では基礎学力及び論理的思考力を重視し、 特に話す力、聞く力、書く力の基本となる国語及び日本語能力を評価します。また看護学部、リハビリテーション学部では人の心と体について学ぶ学問であるので、基礎となる生物や化学、物理また、数学の基礎学力と数学的考え方に基づいた論理的思考力を評価します。また、面接を課すことにより表現力、課題探究力(実践力)、協調性や主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度、社会貢献への意欲等を評価し、多面的、総合的な評価を行います。
 一般選抜【後期】においては社会福祉学部、看護学部、リハビリテーション学部では、思考力・判断力・表現力を評価する国語、英語、数Ⅰ A に基づく総合問題を受験する必要があります。看護学部とリハビリテーション学部では、 総合問題に加えて、選択科目として理科の指定科目の中から1つを選択して受験して下さい。基礎となる理科の学力や論理的思考力を評価します。面接は3学部とも一般選抜【前期】同様の基準で評価します。 短期大学部では、一般選抜【前期】同様の基準で国語を必修とし、面接を課し多面的、総合的な評価を行います。

(学校推薦型選抜)

 高等学校における成績が本学の定める学習成績の状況以上であり、かつ、高等学校長の推薦を受けたものに対して、小論文試験と面接試験を通じて、基礎的な知識・技能やそれらを活用する思考力・判断力・表現力、コミュニケーション能力および社会貢献に対する意欲等を確認し、各学部・学科において継続的に学習を行う意欲を評価し、多面的、総合的な評価を行います。

(総合型選抜)

 高大連携型では、本学が開講する授業への参加を義務付けることにより主体性、課題探究心(実践力)、協調性と学習意欲等を評価します。また、講義に関する試験及び一般教養としての学力試験を課すことにより基礎学力を評価します。
 課題チャレンジ型では事前課題を課すことで課題探究力や学習意欲を評価し、さらにプレゼンテーションでは表現力等を評価します。
 面接試験を通して、基礎的な知識・技能やそれらを活用する思考力・判断力・表現力、コミュニケーション能力および社会貢献に対する意欲等を確認し、各学部・学科において継続的に学習を行う意欲を評価し、多面的、総合的な評価を行います。

(調査書等の活用)

 高等学校等での学習自由研究の活動、取得資格・検定、海外留学等の実績等を活用したり、志望理由書や志願者が所属する高等学校等の長が作成する推薦書を参考にしたりするなどして、多面的、総合的に合格者を判定します。
 面接や調査書等の書類により、「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」「探究心」「関心、意欲、態度」を評価します。

  • ①各教科・科目及び総合的な学習の時間の学習における特徴等
  • ②生徒会・委員会、学校行事等での行動の特徴、特技等
  • ③部活動、ボランテイア活動、留学・海外経験等
  • ④取得資格・検定等
  • ⑤表彰・顕彰等の記録
  • ⑥その他の特記事項

学力の3要素と入学者選抜における評価項目

評価対象の
学力の3要素
選抜区分 1.知識・
教養・技能
2.思考・
判断力
2.表現力 3.協働力
(協調性)
関心・
意欲・態度
(主体性)
探究心
調査書 総合型選抜
学校推薦型選抜
一般選抜
大学入学共通テスト利用型選抜
- - -
志望理由書 総合型選抜
学校推薦型選抜
- - - -
事前課題 総合型選抜
(課題チャレンジ型)
- - - -
プレゼン
テーション
総合型選抜
(課題チャレンジ型)
- - - -
高大連携
講座試験
総合型選抜
(高大連携型)
- - -
小論文 学校推薦型選抜 - - -
面接試験 総合型選抜
学校推薦型選抜
一般選抜
- -
個別学力試験(記述式) 一般選抜 - - -
大学入学共通テスト 大学入学共通テスト利用型選抜 - - -

群馬医療福祉大学、同短期大学部で、WEB出願が可能となります。
WEB出願ではこれまで必要だった募集要項(出願書類)を取り寄せる手間もなく、指定の出願期間(時間)内であれば24時間いつでも出願が可能です。また、入学検定料はお近くのコンビニエンスストアやクレジットカードからもお支払いただけます。

  • ※期間内にインターネットでの登録を終了し、検定料を納入、出願書類が本学に到着している(締切日必着)必要があります。
  • ※「大学入学共通テスト利用型選抜」において本学独自の試験は課しません。

事前準備

確認1インターネットが利用できるPCで手続きを行います。

本学のWEB出願サイトへのアクセス・情報入力は、スマートフォンおよびタブレットでも可能ですが、手続きの過程で郵送時に必要な帳票をカラー印刷(A4)する必要があります。したがって本学では所定の環境が整ったPCで出願手続きをされることを推薦します。

Microsoft Windows Vista /7/8/10
Microsoft Internet Explorer 7-11
Mozilla Firefox 3以降
Apple Mac OS X 10.5-9
Apple Safari
Mozilla Firefox 3以降

確認2「カラープリンター(A4出力)」をご準備ください。

「インターネット入学志願票」や「封筒貼付用宛名シート」などを出力するために必要です。

確認3登録には「メールアドレス」が必要です。

登録するメールアドレスは、出願登録完了通知や納入完了通知に使用します。ドメイン(@e-apply.jp)からのメールを受信できるように設定してください。

確認4出力書類以外に必要なものがあります。

各入学者選抜制度ページで確認してくだい。 入学者選抜制度一覧はこちら >

確認5WEB出願登録期間について

各入学者選抜の出願期間と同様です。期日に余裕をもって出願登録・入学検定料納入のうえ、出願書類を期限内に郵送してください。出願書類の到着をもって出願を受理します。 インターネット登録を行っただけでは手続完了とはなりませんのでご注意ください。

出願登録ページはこちらから>

お問い合わせ先

[入学者選抜に関するお問い合わせ先]
群馬医療福祉大学 入学者選抜広報センター
TEL 0120-870-294
月曜~金曜(平日)9:00~17:30
[操作などのお問い合わせ先]
学び・教育サポートセンター
TEL 0120-202-079 (24時間受付)
http://e-apply.jp
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会