EN 受験生サイト

活躍する卒業生

群馬社会福祉専門学校から数えると約5,000人以上の卒業生を輩出している本学園。様々な分野で活躍する卒業生たちが今の福祉・医療の現場を支えています。現場でベテランになった彼らに、その仕事の楽しい部分から苦労する部分までを聞くことで、自分が進むべき道がきっと開けるはずです。

Professional of

介護福祉士

特別養護老人ホーム かるいざわ敬老園

岩下 雛乃

出身校:長野県野沢南高等学校
主な取得資格:介護福祉士、
社会福祉主事任用資格、介護保険事務士など

●仕事の魅力:
利用者様一人ひとりがその人らしく生活するために、食事、入浴、排泄等、日々の生活行為のお手伝いや、コミュニケーションを通して精神的なケアを行っています。利用者様のその日の状態を理解し、他職種と連携しながら支援を決めていきます。自らの思いを言葉にできる方もいればできない方もいて、その人に合わせた関わりが必要になります。 体力のいる仕事で疲れたと感じるときもありますが、利用者様やご家族に感謝の言葉をいただいたり、笑顔で過ごされている姿を見ると嬉しくなります。介護職として、生活の中で一番身近でほっとできる存在でありたいと思っています。
●みなさんへメッセージ:
小さな頃から祖父や祖母と生活していたので、高齢者がとても身近な存在でした。また高校生の時にボランティアで高齢者施設に行ったときの職員の方の明るい姿が印象に残り、介護福祉士を目指そうと決めました。今は職員として働くようになり、利用者様の生活を預かる責任の重さを強く感じています。悔しい思いをすることもありますが、根気強く自分と利用者様と向き合うことで乗り越えています。皆さんも一つひとつの経験が確実に成長に繋げられるように、振り返りや反省を行うことは大切だと思います。様々な人との関わりを大切にしてください。いろいろな価値観を知ることで自分も成長できると思います。

Professional of

医療ソーシャルワーカー

渋川医療センター

小野里 真紀

出身校:群馬県 私立 共愛学園高等学校
主な取得資格:社会福祉士、介護福祉士など

●仕事の魅力:
病院で働く社会福祉士は、医療ソーシャルワーカー等と呼ばれています。 患者様・ご家族が抱える不安や心配事を受け止め、その人がその人らしく生活するためにはどうしたら良いのかを一緒に考え支える役割を担っています。福祉的な視点と医療的な視点の両方から患者様・ご家族と関わる必要があり、時には悩むこともあります。そんな時には、患者様・ご家族がどのようなことを望んでいるのかということに着目し支援していくことを一番大切にしています。患者様・ご家族から「ありがとう」や「安心しました」との言葉をかけていただいた際に、とてもやりがいを感じることができます。
●みなさんへメッセージ:
最初は介護福祉士の資格取得を目指して勉学に励んでいました。しかし医療機関での相談援助実習を通して、医療の現場で福祉の視点を持って活動している医療ソーシャルワーカーに憧れを抱き、病院への就職を決心しました。社会福祉士として仕事を行っていると、高齢者や障がい者等様々な方々と関わる機会があります。学生のうちから、ボランティア活動や実習、クラス行事等を通して様々な人と関わり、その人が持っている考え方や物事の視点に触れてみると良いと思います。多くのことに興味を持ち、チャレンジしてみてください。

Professional of

医療事務

鶴谷病院

鎌田 優希

出身校:群馬県立伊勢崎商業高等学校
主な取得資格:医療事務管理士、
医療秘書、ホスピタルコンシェルジュなど

●仕事の魅力:
主な仕事内容は、受付・会計・電話対応です。医療に関する知識はもちろんのこと、病院のことも知らないと患者様に対して適切な対応ができないので、たくさんの知識を身につける必要があると実感しました。
また、患者様から「ありがとう」の言葉をかけていただくことも多く、それが励みになってやりがいを持って仕事をすることができます。
●みなさんへメッセージ:
医療に関する職に就きたいと思っていて、患者様に一番最初に会う医療事務という職種を知り、魅力を感じたのがきっかけでした。いざ仕事に就いてみると自分の知識の無さを痛感することや大変なこともたくさんありますが、毎日学ぶことも多く、知っていくことで楽しく感じるようになりました。多くの方と接し、コミュニケーションを図ることでスムーズな患者対応ができると思いますので、頑張ってください。

Professional of

公務員

群馬県警察本部

矢口 つくし

出身校:群馬県立聾学校
主な取得資格:社会福祉主事任用資格など

●仕事の魅力:
警察事務は、会計部門や施設や装備関係、福利厚生に関する仕事のほか、私が所属している運転免許に関する事務などがあります。私は交通違反や事故に関するデータを扱う業務を行っており、慎重に取り扱い、ミスのないよう日々取り組んでいます。この仕事に就いてまだ1年足らずですが、私のできる事を少しずつ積み重ねていき、貢献していけたらと思います。
●みなさんへメッセージ:
私自身、障がい者の一人であり、自分を含め困っている方々のために、社会をより良くしていきたいという思いから、福祉の道へ進みました。 今の仕事は、福祉との結びつけがなかなか難しい部分もありますが、警察を利用する方々の中には高齢者や障がい者の方もいるので、そういった方のために私自身が持っている知識やできる事をしていけたらと思います。学生時代の4年間にボランティア等の経験を積み重ね、それらを“ 自信” に変えていくことが大切だと思います。今しかない時間を後悔しないよう、大切な仲間達との日々を過ごしてください。

Professional of

特別支援学校教諭

神奈川県立武山養護学校

磯貝 彩花

出身校:福島県立安積黎明高等学校
主な取得資格:特別支援学校教諭一種免許状、
中学校教諭一種免許状(社会)、
高等学校教諭一種免許状(公民、福祉)など

●仕事の魅力:
生徒の成長を身近で感じ、一緒に喜ぶことができるのが教員としての醍醐味だと思っています。特別支援学校では、生徒の困っていること、できるようになりたいことに寄り添った教育が行われています。日々の仕事の中で、うまくいかないこともたくさんありますが、生徒から学ぶ姿勢を忘れず、生徒との関わりを丁寧に行うことを意識しています。また、何が成長につながるのか、日々模索しながら指導を行っています。その中で、毎日の生徒達の笑顔が私のエネルギーです。かわいい子ども達に囲まれて、毎日楽しく働いています。
●みなさんへメッセージ:
障がい児と関わる仕事がしたいと思い入学し、特別支援教育、教員の仕事を志すようになりました。特別支援学校への訪問やボランティアなどを通して、子ども達と関わらせていただく機会がたくさんありました。それは、教員を続けている今でもとても貴重な経験だったと感じています。特別支援学校に限らず、多くの方と関わる機会は大切にしてください。子ども達と関わる中で、悩む場面もとても多いですが、それ以上に嬉しいこと、楽しいことがたくさんあります。ぜひ、実りある大学生活を送ってください。

Professional of

児童福祉司

群馬県東部児童相談所

福井 真由

出身校:群馬県立桐生高等学校
主な取得資格:社会福祉士、保育士、
幼稚園教諭一種免許状など

●仕事の魅力:
児童相談所では、子ども・保護者・関係機関等から、養護・非行・障がい・育成など幅広い相談を受け付けています。子どもや家族と取り巻く環境を捉え、子どもが最善の利益を得られるように、関係機関と連携しながら、支援・調整を図ります。同じような状況に置かれた子どもでも、育ってきた環境や家族の状況が異なるため、子どもにとって最も適切な関わり方や支援の方法などを模索することが難しいところではありますが、同時に非常にやりがいを感じるところです。
●みなさんへメッセージ:
大学での実習やボランティアを通して、子どもの発達や育ちには、環境が大きく影響していることを学びました。そのため、子どもや家庭だけではなく、関係機関など様々な環境に働きかけ、支援を行うことのできる児童福祉司を目指しました。時には保護者と対立したり、子どもを厳しく指導したりすることもありますが、信頼関係を築けるように意識しながら業務に取り組んでいます。経験不足な点が多く、葛藤を繰り返す日々ですが、私の存在が子ども達の笑顔や幸せに少しでも繋がっていたら良いなと思います。

Professional of

保育士

八王子児童相談所

只野 美月

出身校:群馬県立太田東高等学校
主な取得資格:保育士、幼稚園教諭一種免許状、
小学校教諭一種免許状など

●仕事の魅力:
児童相談所には様々な専門職の方がいらっしゃいますが、私は保育士として一時保護中の児童の生活支援や行動観察を行っています。複雑な生い立ちを抱える児童との関わりで大切にしていることは、「子ども達の良いところを見つけ、伝えていく」ことです。児童が自らの良さや強みに気がついて、これからの人生を切り開いていけるお手伝いができたらと思います。…と、理想はあるものの、実際はまだ専門職のスタートラインにすら立てていない状態です。もどかしさもありますが、理想を忘れず、一歩一歩成長していきたいです。
●みなさんへメッセージ:
私は初等教育コースだったため、大学3年までは何の迷いもなく、小学校の先生を目指していました。 しかし、群馬県の児童相談所での実習経験が忘れられず、教員採用試験真っただ中の大学4年の夏に、悩みに悩んで福祉職の願書を出しました。 このパンフレットを読んでいる方の中には、「将来何になろうかな」「私は何ができるのだろう」と悩んでいる方もいると思います。 そのような方こそ、いろいろな場所に自分から出向き、経験を積んで欲しいです。興味のあることを勉強して、ボランティアやアルバイトにもたくさん挑戦してみてください。その中で自分の「本当に」やりたいことを見つけていけたらいいと思います。

Professional of

看護師

公立藤岡総合病院

神村 亜佑

出身校:群馬県 私立 東京農業大学第二高等学校
主な取得資格:看護師、保健師、
養護教諭一種免許状など

●仕事の魅力:
整形脳外科病棟の整形チームで働いています。整形外科では、周手術期の患者様を中心に、術前術後の全身状態の観察を行っています。周手術期の疼痛コントロールを行うにも、薬の適切な投与量、投薬時間を守らなければ患者様の生命にも危険を及ぼすため、日々知識や技術の習得に努めています。患者様への身体的ケアはもちろん、精神的サポートも看護師の大切な仕事のひとつです。患者様の最も身近で想いやニーズを汲み取り、一人ひとりに合った援助を行えるよう努めています。人と人とが関わる職業のため、私達看護師の行動や言動で患者様を笑顔にできる反面、時には不安にさせてしまうこともあるため、大変だと感じることも多いです。しかし、患者様からの「ありがとう」を聞くことができるこの職業に就いて良かったと感じています。
●みなさんへメッセージ:
私が看護師を初めて意識したのは、中学生の時に祖母が入院した時です。対応してくれた看護師さんが祖母はもちろん、私達家族にも笑顔で声かけをしてくれ、私もこのような気遣いができる女性になりたいと思いました。また、高校時代の部活動でマネージャーとして選手をサポートすることで人を助けたり、支えたりすることにやりがいを感じ、看護師になりたいと強く感じるようになりました。大学では4年間同じ目標を持つ仲間と助け合いながら、先生方、臨床の看護師の方々、患者様から学び、成長することができました。看護師を目指す皆さん、日頃から人との関わり合いを大切にし、夢に向って頑張ってください。応援しています!

Professional of

理学療法士

とちぎメディカルセンターしもつが

松本 和興

出身校:群馬県立前橋商業高等学校
主な取得資格:理学療法士、
福祉住環境コーディネーター2級 など

●仕事の魅力:
急性期病院であり、主に手術後の患者様に対して理学療法を行っています。また、当院ではスポーツ健康科という診療科があるため、部活動等でスポーツをしている多くの学生が、外来で治療を受けにきています。私は、主に整形外科疾患の患者様を診させて頂いており、手術後の患者様やスポーツをしている学生を担当させて頂いています。幅広い年齢層の患者様を治療しており、それぞれのニーズに沿った治療を提供することの難しさを日々感じています。特に、外来の患者様に対する治療ではその場で試行錯誤し治療を行い、結果を残すことの難しさを強く感じていますが、とても良い経験となっています。
●みなさんへメッセージ:
私は、小学生から高校まで野球を続けていました。中学生の頃、練習中に膝を痛めてしまい近くの整形外科を受診した際、初めて「理学療法士」という職種を知りました。怪我をして不安でいっぱいだった私ですが、とても優しく対応して下さり安心して治療を受けることができました。また、スポーツ選手のサポートをしている姿を見て、かっこいいと思いました。元々、何か人のために仕事がしたと思っていたこともあり、私も「スポーツをしている方の力になりたい」と思い、理学療法士になることを決めました。現在は、実際に理学療法士として現場でスポーツ選手を見ることができ、とても楽しい日々を過ごしています。苦しいこと、辛いこと、壁にぶつかることは何度もあるかと思います。しかし、自分が掲げる目標を忘れなければ、きっと上手くいくはずです。応援しています。

Professional of

作業療法士

榛名荘病院

井上 彩美

出身校:群馬県立富岡東高等学校(現校名 群馬県立富岡高等学校)
主な取得資格:作業療法士 など

●仕事の魅力:
私は病院内の回復期病棟に配属となっています。仕事内容は、患者様への作業療法の提供・介入のスケジュール調整、入退院等の書類業務が主なものです。担当させていただいている患者様は多いときで6人になります。この仕事の好きなところは、介入に正解がなく、自分自身の人柄やアイディアを最大限に活用して対象者と関わることができることです。対象者の身体・精神状況、人柄等に合わせて介入方法を考え、身体機能向上・ADL 向上・QOL向上につながったときにやりがいを感じています。そのために、他職種と情報交換をしたり、院内・院外の勉強会に積極的に参加するようにしています。
●みなさんへメッセージ:
作業療法士を目指した理由は、高齢者と関わる仕事をしたいと考えていて、元々は介護福祉士になりたいと思っていました。ですが、様々な職業を調べるなかで作業療法士という職業を知り、多角的な方向から対象者の生活を考える作業療法士に魅力を感じ、高校生のときに目指すことを決めました。群馬医療福祉大学を選んだ理由は、オープンキャンパスに参加したとき、大学全体の明るく熱心な印象を感じ、ここで学びたいと思いました。4年間の大学生活を経て、作業療法士として働いている今、群馬医療福祉大学で学ぶことができてよかったと感じています。

Professional of

ソーシャルワーカー

三枚橋病院

飯田 かおり

出身校:群馬県立伊勢崎高等学校
主な取得資格:精神保健福祉士、社会福祉士など

●仕事の魅力:
精神科病院のスーパー救急病棟でソーシャルワーカーとして働いています。 入院当初から患者様やご家族と関わり、生活状況や今後の意向を伺い、医師や看護師、作業療法士など専門職と協力して退院を目指します。 そして、行政や地域の福祉施設と連携しながら、生活に必要なサービスを調整します。 退院後も継続して医療や福祉が関わっていけるよう、患者様と共に考えていくことを仕事のモットーとしています。 退院した患者様と外来受診やデイケアでお会いした際、地域で安定した生活を送っていることを知ると達成感を得るため、この仕事が好きだと実感します。
●みなさんへメッセージ:
高校生の時に障がいを抱える方の生活のしづらさに共に向き合う仕事に携わりたいと思い、医療と地域の橋渡しを行うソーシャルワーカーを目指しました。大学生活では、現場実習だけではなくボランティア活動を通して、児童から高齢者まで幅広い方々と関わりました。その中で、自分の感じ方や考え方を知り、振り返ることができたことが、今の対人援助に活かされています。在学中にできる様々な経験を大切に、素敵な対人援助のプロを目指してください。

Professional of

保健師

明和町 地域包括支援センター

庄條 美穂

出身校:群馬県立館林女子高等学校
主な取得資格:看護師、保健師、
養護教諭一種免許状 など

●仕事の魅力:
私はふれあいセンタースズカケという、乳幼児から高齢者まで多世代の住民が交流できる施設に勤務しています。相談業務、運動 教室や健康講座等を開催し、地域住民の介護予防普及啓発、健康増進に努めています。企画内容によって周知方法が変わるため 大変なところもありますが、参加者が自宅でも継続して取り組んでいる声を頂くとやりがいを感じます。
●みなさんへメッセージ:
相談を受け、一緒に考えることや企画内容を検討する仕事を希望しており、保健師実習の中でその思いが強くなりました。実際は 悩むことも多いですが、自分のやりたいことを実践できるため、たくさんの経験ができます。大学では保健師科目だけではなく、幅 広く授業を選択すると良いと思います。4年間の中でじっくりと考えられるので、焦らずに進路を決めてみてください。

Professional of

養護教諭

渋川市立西小学校

国分 美希

出身校:福島県立本宮高等学校
主な取得資格:看護師、保健師、
養護教諭一種免許状 など

●仕事の魅力:
養護教諭の仕事は、体調不良やけがの手当てだけではなく、精神面のサポートも行います。その他にも、教職員の健康管理や学校 環境の管理、健康診断、保健指導などを行っています。基本的に養護教諭は学校に一人しか居ないので、健康診断の時期は大変 だと思うこともありますが、子ども達の笑顔と元気な姿に毎日パワーをもらっています。学年に関係なく関わることができ、近くで 子ども達の成長を見守ることができる素敵な仕事です。
●みなさんへメッセージ:
高校生の時、体調不良で保健室に行き、そのとき対応してくれた先生に憧れて養護教諭を目指しました。養護教諭は、児童生徒と の関わりだけではなく、他の先生方や保護者の方、学校医の先生方との連携が必要になります。大学での実習、ボランティア活動 での学びやコミュニケーションが、今とても役に立っています。どんな経験でも学ぶことはあるので、今のうちからいろいろなこと に挑戦してみると今後に活かすことができると思います。
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会