EN 受験生サイト

活躍する卒業生

群馬社会福祉専門学校から数えると約5,000人以上の卒業生を輩出している本学園。様々な分野で活躍する卒業生たちが今の福祉・医療の現場を支えています。現場でベテランになった彼らに、その仕事の楽しい部分から苦労する部分までを聞くことで、自分が進むべき道がきっと開けるはずです。

Professional of

介護福祉士

特別養護老人ホーム ききょうの里

髙橋 ちあき

出身校:群馬県立渋川青翠高等学校
主な取得資格:介護福祉士、社会福祉主事任用資格など

●仕事の魅力:
利用者様一人ひとりがその人らしい生活を送るために、入浴、排泄、食事等の日常のお手伝いや、精神面のケアを行なっています。
忙しく体力のいる仕事ですが、利用者様から「お世話になっているね。ありがとう。」「お姉さんにやってもらえてよかった。」などの言葉をいただくことがあります。
自分にとって大きな励みになり、利用者様のために良いケアを提供できるように頑張ろうと思える瞬間です。
●みなさんへメッセージ:
人の命をお預かりする責任ある仕事なので、不安に感じることもあるかと思います。
少しでも迷ったり困ったりしたときは一人で判断せず、同僚や先輩に話を聞いてもらうことが大切です。
利用者様はもちろんのこと、自分のことも守れるように、周りの人を頼りながら安心で安全な介護を行なってほしいと思います。

Professional of

介護福祉士

老人保健施設 一羊館

境 真緒

出身校:群馬県 私立 前橋育英高等学校
主な取得資格:介護福祉士 など

●仕事の魅力:
食事介助、排泄介助、入浴介助、ベッドと車いす間の移乗介助などの身体介護を行なっています。
また、レクリエーションやコミュニケーションなどのメンタルケアも行ないます。
利用者様一人ひとりの状態に合ったサービスを提供するために、他職種と相談し適切なケアを決めますが、次の日には状態が変わりケアの見直しが必要になることもあります。
このような日々変化のある仕事は大変ですが、考えることで知識や技術の引き出しが増えていくので、楽しさの一つだと思います。
●みなさんへメッセージ:
私が介護福祉士を目指したのは、小学生の時福祉施設へ訪問した際、「ここで働くことは楽しそうだな」と思ったことがきっかけでした。
今、実際に働く立場になり、小学生のころに感じた楽しさ以外の大変さも感じています。皆さんも実習や就職後に大変さを感じると思います。
しかし、新しい知識を活かしてサービスを提供できたとき、利用者様に「○○さんで良かった、ありがとう」と言われたとき、様々な場面での大変さが嬉しさや楽しさに代わる瞬間があります。
皆さんもきっと、楽しさを見つけることができると思います。

Professional of

介護職員・相談員

デイサービスセンター きざきの郷

津田 翔多

出身校:群馬県 太田市立太田高等学校
主な取得資格:社会福祉士、介護福祉士など

●仕事の魅力:
朝の送迎時にはご家族に家庭での様子を確認してから迎えています。施設では観察しきれないことや、普段の生活歴を直接伺うことで情報収集ができるからです。
日中のレクリエーションでは、利用者様がわかりやすく楽しく参加できるような内容や声かけをしています。
在宅生活が中心のため、利用者様・家族のニーズに重きをおきながら、安全に生活していただく難しさはありますが、地域全体でサービスを向上させていける楽しさがあり、技術面だけでなく人間としても成長できる仕事だと思います。
●みなさんへメッセージ:
親族の入所している特別養護老人ホームに面会等で訪れることがあり、施設を身近なものに感じていました。
偏見や嫌悪感などなく、職員が笑顔で働いているところが充実しているように感じ、私もこのような仕事をして地域貢献したいと思い、介護職を目指しました。
社会人にとって時間の使い方は重要です。やらなければならないこと、やりたいこと、仕事の優先度などを考慮しながら取り組む必要があります。
また人との関わりが多い職種のため、様々な人と接してコミュニケーション能力を向上させておくと、利用者様だけでなく家族や上司、同僚とうまく付き合うことができると思います。

Professional of

医療ソーシャルワーカー

群馬県済生会前橋病院

眞塩 知佳

出身校:群馬県立前橋清陵高等学校
主な取得資格:社会福祉士、介護福祉士など

●仕事の魅力:
病院に所属する社会福祉士は医療ソーシャルワーカー(MSW)などと呼ばれ、患者様やご家族が抱える様々な不安や心配事を伺い、安心して生活する為にはどうしたらよいかを一緒に考える役割を担っています。
患者様の病状や生活環境、性格などは様々です。時には、患者様・ご家族の気持ちと、医師・看護師などの専門職との意見の違いが生じることもあるため、関わる中で悩むことも多いです。
しかし、その関わりの中から解決のヒントや考え方を学ぶことも多く、患者様だけでなく、自分自身の人間としての成長に繋がる仕事だと感じています。
●みなさんへメッセージ:
最初は介護福祉士を目指して入学しましたが、介護以外の福祉について興味が湧き、社会福祉士の資格取得を決めました。
病院への就職を決めた理由は、高齢者・障がい者に限らず、様々な年代の方へ支援を行なうことができると考えたからです。
将来何になりたいのか決まっていなくても問題ありません。学生生活の中で、学校内外の様々な活動に参加し、色んな世界に触れて学び、自分の視野を広げた上で将来を考えることをお勧めします。

Professional of

医療ソーシャルワーカー

伊勢崎市民病院

割田 望美

出身校:群馬県立渋川女子高等学校
主な取得資格:社会福祉士、精神保健福祉士など

●仕事の魅力:
現在、急性期病院で医療ソーシャルワーカーとして働いています。
退院後における相談業務が主な仕事内容で、患者様・ご家族と面談を行ない、家族構成や生活環境を伺いながら、少しでも退院後の生活の不安が軽減できるように、必要に応じて地域関係機関や制度に繋げていきます。
患者様・ご家族から「ありがとう」と感謝の言葉をいただいた時に、とてもやりがいを感じます。
●みなさんへメッセージ:
医療機関での相談援助実習で、親身に患者様・ご家族の相談に乗っている医療ソーシャルワーカーの姿を見て、私も患者様・ご家族の力になりたいと思い、目指しました。
学生時代は、ボランティア活動や実習、サークル活動など、いろいろなことに挑戦し体験することをお勧めします。多くのことに興味・関心を持って、仲間と共に学んで欲しいと思います。

Professional of

医療事務

東邦病院

森田 知美

出身校:群馬県 桐生市立商業高等学校
主な取得資格:医療事務、医療秘書、ホスピタルコンシェルジュなど

●仕事の魅力:
主な仕事内容は、患者様の医療費請求、レセプト業務、窓口対応等です。
レセプト業務では、病名付けがありますが、カルテを読む中で略称が多く出てくるので、一般的な略称はもっと調べておけばよかったと思いました。
また、医療事務には、医療保険だけでなく事故や労災などもあり、幅広い仕事内容になっているのでとてもやりがいのある仕事です。
●みなさんへメッセージ:
患者様と接するうえで、丁寧な言葉遣いで話すことはとても大切です。
普段から少しずつ言葉遣いを意識して話すようにしていると、実際の現場でもスムーズな応対ができると思います。
また、受付は「病院の顔」とも言われているので、明るく臨機応変に対応できるようなコミュニケーション力があると良いと思います。

Professional of

医療事務

渋川中央病院

椛澤 彩夏

出身校:群馬県 前橋市立前橋高等学校
主な取得資格:診療報酬請求事務能力検定試験、医療秘書など

●仕事の魅力:
幼少期に病院へ行った際、医療事務員の方が優しく丁寧な対応をしてくださったことがきっかけで、医療事務員を目指すようになりました。
現在の主な仕事内容は受付と会計です。医療事務は「病院の顔」と言われる存在ですので、気配りと笑顔を忘れずに業務を行ない、常に患者様に対して正確、迅速かつ丁寧な対応を心がけながら仕事をしています。
この仕事をしていると、患者様からたくさん「ありがとう」という言葉をかけていただけます。忙しい中で患者様の要望に応えることは大変ですが、感謝されることで、より思いやりを持った対応ができていると思います。
●みなさんへメッセージ:
医療事務員は多くの人と関わる職業であり、他の医療スタッフとコミュニケーションを取り合わないとスムーズに仕事を行なうことができません。
コミュニケーション能力を向上させるためにも、学生のうちにボランティア活動などに積極的に参加し、多くの人と関わるように心がけてください。

Professional of

社会福祉士

藤岡市役所介護高齢課 地域包括支援センター

安星 有悟

出身校:群馬県 高崎市立高崎経済大学附属高等学校
主な取得資格:社会福祉士、精神保健福祉士など

●仕事の魅力:
地域包括支援センターでは、3職種(主任介護支援専門員・保健師・社会福祉士)のチームアプローチが基本となり、様々なケースに対応しています。
その中で社会福祉士としては、高齢者の権利を守る権利擁護と、生活全般の相談業務を行なっています。具体的には認知症などにより判断能力が低下した人に対しての成年後見制度の利用促進や、申請のサポートなどを行なっています。
また、高齢者に対する虐待があった場合は加害者から守り、施設に措置入所させるなどの対策を取ることもあります。
1人では難しいことも、チームで協力しながら取り組むことで課題の解決につながり、達成感も大きくやりがいにも繋がります。
●みなさんへメッセージ:
大学卒業後、障害者支援施設を経て、藤岡市役所に入庁しました。以前の職場では、障害の分野に特化した業務を行なっていましたが、視野を広げ、福祉のスペシャリストになることを目標に現在の職場を選択しました。
資格を取得することで仕事の選択肢が広がり、チャレンジできることも多くなると思います。
ぜひ、自分の納得のいく進路選択ができるよう、将来を見据えながらじっくり考えてみてください。

Professional of

公務員

厚生労働省 子ども家庭局

五十嵐 敬太

出身校:新潟県 私立 東京学館新潟高等学校
主な取得資格:社会福祉士、介護福祉士

●仕事の魅力:
2017年度までは、国立のぞみの園という知的障害者入所施設で勤務していました。そこで、厚生労働省への出向の話をもらい現在に至ります。
私が担当している仕事は、児童福祉分野の中で、社会的養護と言われる里親や乳児院、児童養護施設等の保護された児童に対する社会的な養育の分野です。
関係団体との調整や社会的養護についての調査、問い合わせ等々、社会的養護分野について幅広く対応しています。
私にはまだまだ時間の必要な仕事ではありますが、社会的養護における最前線を肌で感じることのできる、やりがいある仕事だと感じています。
●みなさんへメッセージ:
私自身、知的障害福祉を深め就職したい思いから大学院に進学、今の職場に繋がりました。
学生生活において将来のビジョンを持ち取り組むことが、皆さんそれぞれの進路先での活躍に繋がると思います。

Professional of

精神保健福祉士

前橋市役所 保健予防課

大山 真音

出身校:栃木県立佐野東高等学校
主な取得資格:精神保健福祉士、社会福祉士など

●仕事の魅力:
主に精神障がいの方の福祉サービスの支給決定や、それに伴う相談支援、精神保健福祉手帳の申請受付等を行なっています。
市役所には毎日様々な市民が訪れますが、その人の抱えている問題や状況は全く違います。限られたサービスでどうしたらその人がその人らしく地域で暮らし続けていけるのか、日々難しさを感じながら相談に対応しています。
悩むこともありますが、その人の声に耳を傾け一緒に考えていく中で、「相談してよかった」の言葉をいただくことは何よりも嬉しい瞬間です。
●みなさんへメッセージ:
初めは高齢者福祉の仕事がしたいと思い、この大学に入学しました。
大学4年間で、ボランティア活動や実習など、様々な出会いや経験を通して、高齢者だけではなく、地域の様々な人が訪れる場所で相談業務をしてみたいと考えるようになり、市役所という今の仕事に繋がりました。
大学生の間には社会人では出来ない経験を積めるチャンスが、たくさんあります。怖がらずに一歩踏み出して挑戦してみてください。対人援助職には、自分で見て、体験して感じたことが何よりも強みになると思います。

Professional of

特別支援学校教諭

埼玉県立秩父特別支援学校

平野 文

出身校:埼玉県立深谷高等学校
主な取得資格:特別支援教諭一種免許状、
中学校教諭一種免許状(社会)

●仕事の魅力:
障害のある子ども達と関わる職業に就きたく、その中の一つが特別支援学校教諭でした。
現在は、子ども達が抱える障害による生活上や学習上の「困難さ」の克服や、将来の「夢」を実現するために、「自立活動」の授業を行なっています。克服・実現するために必要な、身体の動かし方や手指の使い方、コミュニケーションの方法等を、子ども達一人ひとり人に合わせて教材を作成し、指導しています。
障害によって多くの事を諦めてきた子ども達から、「できた!」「やったー!」と喜ぶ言葉を聞き、笑顔が見られた時に、教員になって良かったなと日々実感しています。
●みなさんへメッセージ:
人との「関わり」と「気づく」ことが大切な職業です。学生生活で出会う多くの友達との出会いと関わりを大切にして下さい。
また、授業をする時に、子ども達の好きな事や得意な事を見つけることを大切にしています。ぜひ、出会った人の嬉しさや悩み、悲しみに気付いて、自分から声をかけてみて下さい。

Professional of

高等学校教諭

東京都立東村山西高等学校

茂木 千紘

出身校:群馬県立富岡高等学校
主な取得資格:高等学校教諭一種免許状(公民・福祉)、
中学校教諭一種免許状(社会)、特別支援学校教諭一種免許状、
社会福祉士 など

●仕事の魅力:
生徒とかかわる毎日は本当に色々なことがありますが、彼らの成長は本当に嬉しいです。
仕事内容は教科指導、生活指導、部活動、保護者対応など、多岐にわたります。
クラスのことや部活動のことなど、多感な時期である高校生を相手に、うまくいかないことの連続ですが、生徒の話を聞くことや背景を理解すること、そして毎日の積み重ねが大切だと実感しています。
生徒相談や外部機関とかかわることが多いなか、在学中に取得した社会福祉士の資格も強みになっていると感じています。生徒に囲まれての毎日は幸せです。
●みなさんへメッセージ:
大学在学中、特別支援教育に出会い、特別支援学校でボランティアをする中で、一人の生徒とかかわる時間が長く、日々の成長を近くで感じられる点にやりがいと魅力を感じました。
人事の関係で現在の高校に勤務していますが、障がいの有無にかかわらず、その生徒にとっての「わかりやすさ」や「課題」、「成長」は何かを考えて指導を行ないたいと日々思っています。
在学中に特別支援教育を学んだこと、たくさん学校へ足を運んで子どもたちとかかわった経験が、自分の大きな力になっていると実感しています。

Professional of

保育教諭

共愛学園こども園

青柳 文太

出身校:群馬県 私立 共愛学園高等学校
主な取得資格:幼稚園教諭一種免許状、保育士など

●仕事の魅力:
子どもたちが、今まで出来なかったことが出来るようになった時、この仕事に就いて良かったなと感じます。
子どもたちと一緒に嬉しいこと、楽しいこと、悲しいことなどを共有し、子どもたちにとって何が1番良い関わりなのか、先のことも踏まえて考えることが、大変であると同時に、やりがいを感じます。
●みなさんへメッセージ:
母が幼稚園教諭であったことから、今の職業に興味を持ち、目指しました。
私のモットーは「いつも楽しく!」です。先生は子どもたちのお手本です。先生が思いきり楽しむことで、子どもたちも自然と楽しく遊べると思っています。また、学生のうちから手遊びや歌、体操など身につけておくと、就職した際に役立ちます。


※保育士資格と幼稚園教諭免許の両方を有することで、幼保連携型認定こども園に「保育教諭」として採用されます。

Professional of

児童福祉司

群馬県東部児童相談所

福井 真由

出身校:群馬県立桐生高等学校
主な取得資格:社会福祉士、保育士、幼稚園教諭など

●仕事の魅力:
児童相談所では、子ども・保護者・関係機関等から、養護・非行・障がい・育成など幅広い相談を受け付けています。
子どもや家族と取り巻く環境を捉え、子どもが最善の利益を得られるように、関係機関と連携しながら、支援・調整を図ります。
同じような状況に置かれた子どもでも、育ってきた環境や家族の状況が異なるため、子どもにとって最も適切な関わり方や支援の方法などを模索することが難しいところではありますが、同時に非常にやりがいを感じるところです。
●みなさんへメッセージ:
大学での実習やボランティアを通して、子どもの発達や育ちには、環境が大きく影響していることを学びました。そのため、子どもや家庭だけでなく、関係機関など様々な環境に働きかけ、支援を行なうことのできる児童福祉司を目指しました。
時には保護者と対立したり、子どもを厳しく指導したりすることもありますが、信頼関係を築けるように意識しながら業務に取り組んでいます。
経験不足な点が多く、葛藤を繰り返す日々ですが、私の存在が子どもたちの笑顔や幸せに少しでも繋がっていたら良いなと思います。

Professional of

小学校教諭

群馬県内小学校

今井 真麗

出身校:群馬県立前橋東高等学校
主な取得資格:小学校教諭一種免許状、
幼稚園教諭一種免許状、保育士など

●仕事の魅力:
小学校教諭は、子どもが人生の基礎を築く時間を1 番近くで支える職業だと思います。
子どもたち一人ひとりに誠実に向き合い、成長を見守り、指導することに教師としての仕事のやりがいを感じます。毎日の授業づくりの他に、学年の先生方と協力して運動会や学習発表会、遠足などの行事計画も立てます。
また、毎年担任する学年が変わることで、日々の授業や生活の中で予想していなかった子どもの反応や意見が飛び交い、それをどう膨らませていくか考えることが、最近の仕事の楽しみとなりました。
●みなさんへメッセージ:
大学では、小学校教諭だけでなく、幼稚園教諭や保育士などの資格の取得するため、幅広い年齢の子どもを指導・支援する講義や実習を経験しました。
そのため初任で小学1年生の担任を任された時、大学での学びを活かして、子どもたちを迎えることができました。
また、大学での福祉の授業やボランティア活動では、誰にでも誠実に優しく接することが、自分の人間性を高めることに気づきました。
大学4年間では視野を広げ、自分が興味を持ったことに積極的に取り組んでみてください。

Professional of

小学校教諭

愛川町立中津小学校(神奈川県)

中野 貴大

出身校:群馬県 前橋市立前橋高等学校
主な取得資格:小学校教諭一種免許状、幼稚園教諭一種免許状、
保育士、学校図書館司書教諭免許状など

●仕事の魅力:
子ども達は、一人ひとり個性があり、長所も短所もあります。子ども達の良さを見つけ、伸ばすことは、自分自身を見つめ成長することにも繋がっています。
子ども達との日々の生活や授業には、思いがけない出来事が起こり、悩むこともあります。そんな時は、自分だけで考えず、周りにいる経験豊富な先生方に相談し、具体的なアドバイスをもらうようにしています。
小学校教諭の仕事は、自分の好きなことや趣味、興味のあることを多様に活かせる職業です。私は描画や運動、ものづくりが好きなのですが、その全てが授業に活用できることは、実践していてとても楽しく、充実感があります。
●みなさんへメッセージ:
採用試験の勉強・面接練習は積極的に先生や友達、先輩の協力を仰いでいきましょう。いろいろな経験談が聞けると、それだけでモチベーションの向上にも繋がります。
また、各自治体のセミナーや講習会の参加もオススメです。教育現場の実際の授業や子供達の姿を見ることは、書籍などでは得ることのできない大切な経験となることでしょう。面接の際にもその経験を話せることは大きな強みになると思います。

Professional of

保健師

川場村役場 健康福祉課

千明 美幸

出身校:群馬県立沼田女子高等学校
主な取得資格:保健師、看護師など

●仕事の魅力:
乳幼児から高齢者、健康な人から病気や障がいを抱えた人まで様々な年齢・健康状態の方とその家族に対し、体と心の健康相談や指導を行っています。
対象者さんの思い、考えなどを尊重しながら支援を行なうことは大変ですが、その人らしく健康でよりよい生活を送るためにはどうしたらよいか対象者さんと一緒に考えることができるのは、保健師の魅力だと思います。
対象者さんから「ありがとう」と言っていただけたり、子育て中のお母さんとお子さんの成長を一緒に喜んだ時など、保健師の道を選んで良かったと心から思います。
●みなさんへメッセージ:
保健師は様々な人の人生に関わることができる職業です。
関わりを通して対象者さんから学ぶことがとても多く、自分自身の成長に繋がります。
自分の夢や目標、そして自分らしさを大切に、大学生活を過ごしてください。

Professional of

養護教諭

群馬県内小学校

国分 美希

出身校:福島県立本宮高等学校
主な取得資格:看護師、保健師、養護教諭一種免許状など

●仕事の魅力:
生徒の体調不良やけがの手当てだけでなく、精神面のサポートも行ないます。悩みを抱えて泣いて来室した生徒が、話を終えて笑顔で戻っていくのを見ると、嬉しい気持ちになります。
その他にも、教職員の健康管理や学校環境の管理、健康診断、保健指導などを行っています。
養護教諭は基本的に学校に一人しか居ないので、健康診断の時期は大変だと思うこともありますが、近くで子どもたちの成長を見守ることができる素敵な仕事です。
●みなさんへメッセージ:
高校生の時、体調不良で保健室に行き、そのとき対応してくれた先生に憧れて養護教諭を目指しました。
養護教諭は、児童生徒との関わりはもちろんですが、他の先生方や保護者、学校医など様々な方との連携が必要になります。
大学でのボランティア活動や実習などを通して学んだこと、コミュニケーションを大切にしていくと良いと思います。私自身、社会に出てから役に立っていると実感しています。

Professional of

看護師

公立藤岡総合病院

岸 安宏

出身校:群馬県立高崎北高等学校
主な取得資格:看護師、保健師など

●仕事の魅力:
救急では軽傷から重症まで様々な患者様が受診するため、様々な処置を行ないます。例えば心臓が止まっている方への救命処置や出血している方への止血処置、骨折時の応急処置などです。医師が行なう救急処置の介助を行なうこともあります。
南3階病棟はHCU(High Care Unit)として位置づけられ、集中治療やモニタリングが必要な患者様が入院しています。患者様の状態を観察し把握しながら、治療の提供や日常生活援助を行ないます。
どちらも「忙しそう」「難しそう」などのイメージを持っている方もいると思います。わからないことも多く大変だと感じることもありますが、救急で処置をした患者様が、徐々に回復していく姿を見ることができるのはとても嬉しく、充実した日々を送ることができています。
●みなさんへメッセージ:
医療ドラマを見ることが多く、医療職者はかっこいいイメージがありました。また人の役に立つ職業に就きたいと思っていたため、患者様の近くに寄り添える看護師を目指しました。
看護師になるまでには、学校の講義や病院実習、国家試験など、自分にとっての難敵ばかりで逃げ出したくなることも何度もありましたが、乗り越えられたのは看護師になりたいという強い思いがあったからです。
「自分がどのような看護師になりたいのか」という理想像は、挫けそうになった時や辛い時に、自分自身を支えるものになると思います。壁にぶつかることもあると思いますが、理想の看護師になるために頑張ってください。

Professional of

看護師

くすの木病院

外所 志緒梨

出身校:群馬県立高崎商業高等学校
主な取得資格:看護師

●仕事の魅力:
私は回復期リハビリテーション病棟で働いています。急性期治療を終え、退院に向けて安全にリハビリや治療が受けられるよう、日々患者様の全身状態の観察を行なっています。
点滴や採血、医療機器取り扱いの場面では、1つのミスが患者様の生命に関わるので、細心の注意を払って業務にあたっています。
回復期リハビリテーション病棟では患者様一人ひとりの入院期間が長いため、親身に寄り添った看護ができます。また、患者様が回復していく姿を日々実感でき、その過程に携われた喜びとやりがい感じられます。
退院支援では、患者様だけでなく家族への意向や負担などにも目を向け他職種で調整を行なっていくことに難しさを感じますが、看護師としての責任と役割を学ぶことができます。
●みなさんへメッセージ:
看護技術や知識も大切なことですが、何より患者様へ向き合うことがやりがいに繋がります。大変なことも多いですが、人として成長できる職業だと感じます。
チームで患者様を支えるため、実習やグループワークを通して協調性を身につけると将来活かせると思います。
患者様の最も身近な存在として支えになれるよう、コミュニケーション能力や思いやりの心も大切です。

Professional of

理学療法士

こやぎ内科

相川 悦子

出身校:群馬県立吉井高等学校
主な取得資格:理学療法士、3学会合同呼吸療法認定士

●仕事の魅力:
私は呼吸器疾患を中心に訪問リハビリテーションを行なっています。
仕事内容は筋萎縮性側索硬化症や慢性閉塞性肺疾患の方に対して、バイタルの確認、呼吸状態の評価、呼吸リハビリとして呼吸練習や息切れを軽減させる動作方法の指導や筋力強化などを行なっています。
自宅に伺ってのリハビリは、患者様の生活を知ることができ、何が必要か見えてきます。
出来た喜びを一緒に味わうことができ、責任とやりがいを常に感じています。
●みなさんへメッセージ:
スポーツをやっていたこともあり、身体の機能・解剖には興味をもっていたので、怪我をした方や脳血管障害で麻痺を呈した方のリハビリをやりたいと思っていました。
しかし、在学中に祖父が慢性閉塞性肺疾患と診断を受けました。手足は元気、座っている時はよく話をしていた祖父が、動かずじっとしている生活に変わりました。その時、呼吸に対するリハビリも大切だと実感し、呼吸器疾患を勉強できる職場に進み、日々勉強しています。
これから進路を決めようとしている皆さん、一度理学療法士を調べてください。頼もしい先輩がたくさん活躍しています。そして、いつか一緒に働けることを楽しみにしています。

Professional of

理学療法士

介護老人保健施設 うららく

月井 直哉

出身校:栃木県立小山城南高等学校
主な取得資格:理学療法士、転倒予防指導士、
福祉住環境コーディネーター2級

●仕事の魅力:
私は介護を必要とする高齢者の自立を支援し、家庭への復帰を目指すための施設である介護老人保健施設に勤務しています。
利用者様のニーズは何か、また、その利用者様のバックグラウンドや家族のニーズ、取り巻く環境はどうなっているかなど、例え同じ疾患であっても一人ひとり異なるアプローチが必要になると考えています。
臨床では日々のなぜという疑問が重要です。解決するためにはさまざまな苦労がありますが、その先にある利用者様やその家族の方々の喜ぶ顔を楽しみに頑張ろうと思える素敵な職業です。
●みなさんへメッセージ:
私は祖父母のような高齢者の力になりたいという思いから、高齢者のリハビリテーションに興味を持ちました。
私は学生時代、バイトやサークル、旅行などたくさんの経験をしました。そこでの出会いは社会的に少し弱い繋がりです。しかし、そこから得た知識や情報は異質で、革新的な発想が生まれやすいと感じました。
学生が勉強することは当然のことですが、一歩踏み出してさまざまな人と触れ合うことが社会に出てから役に立つこともあると思います。

Professional of

作業療法士

訪問看護ステーション 花あかり

伊達 裕哉

出身校:群馬県立藤岡中央高等学校
主な取得資格:作業療法士

●仕事の魅力:
退院後も継続したリハビリテーションを希望されている方や、在宅生活を営んでいる中での困り事を抱えている方々を対象に関わらせて頂いています。
その内容は様々で、身体や精神の機能向上・維持に留まらずその人を取り巻く環境に応じた社会資源等も活用し、安全でその人らしく楽しい生活の再獲得やその生活を維持できるよう活動しています。
幅広い医学的な知識や技術はもちろん、地域で暮らしている方々や他職種との関わりがとても重要となります。
作業療法士として在宅で暮らす方々をどう支援していけるのか悩む事も多いですが、日々多くの方々と関われるこの仕事はとてもやりがいを感じます。
●みなさんへメッセージ:
私が高校生の頃は、作業療法士という職種に触れる機会やきっかけは無かったように思えますが、現在は、その頃よりも様々な場面で学べる機会が多くある様に感じます。
もし、何かをきっかけに興味を抱いた際にはそこで沢山の人と関わりながら、より興味を深めていただければと思います。
作業療法士にとって無駄な知識や経験はないと思いますので、この大学で学びつつ、たくさん遊びながら学生生活を謳歌してください。

Professional of

作業療法士

群馬大学医学部附属病院

塩澤 愛美

出身校:群馬県 私立 高崎健康福祉大学高崎高等学校
主な取得資格:作業療法士

●仕事の魅力:
座位や歩行などの基本動作練習、箸や文房具といった物品操作練習、日常生活場面でのトイレ動作練習、更衣動作練習などを行ないます。
また、創作活動等を通して認知機能や精神面の改善を図ったり、復職や自動車運転再開に関しては集中力や記銘などのより高次な機能へのアプローチも行ないます。
日々状況の変わる中でプログラムを臨機応変に対応していくには、研修や文献から知識や技術を獲得しておくことが必要です。
限られた時間の中で両立するには大変と感じることもありますが、患者様から良くなったと報告を受けると、とてもやりがいを感じる仕事です。
●みなさんへメッセージ:
私の家族が入院した時にリハビリで作業療法をしていました。思うように体が動かないことで精神的にも負担がかかる中で、リハビリによって自分でできることが増え、次第に笑顔をとりもどしていく姿をみて、リハビリは素晴らしい仕事だと思いました。
特に作業療法では、患者様一人ひとりのニーズに合わせて、治療に家事や趣味活動を用いるなど方法が様々である点に魅力を感じ、目指すようになりました。
領域もプログラムも多岐に渡り、やりがいのある仕事ですので、ぜひ自分らしい作業療法士を目指してみてください。
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会