EN 受験生サイト

あなたの未来につながる“8つの特色”FEATURING 8

「地域連携センター」の取り組み

地域とともに成長する大学を目指して

群馬医療福祉大学及び本学の学生は、地域社会の活動に参加することで、教育や研究成果を地域に還元しながら、地域とともに成長をしています。
地域連携センターは、地域の課題やニーズを捉え、社会の要望にお応えできるよう、地域と大学を繋ぐ窓口としての役割を担っています。

ボランティア支援活動

ボランティア支援活動

「ボランティア依頼」を受け入れたり、学生の希望によって活動先を斡旋したりするコーディネートの役割を担うと共に、「学生ボランティア委員会」の支援やボランティアに関わる授業内容の充実に努めています。

のびゆく子どものつどい
のびゆく子どものつどい
災害ボランティア
災害ボランティア
出前授業・講座など

出前授業・講座など

生涯学習を推進する大学として、地域のあらゆる年齢層の方々に高等教育の学習機会を提供しています。例えば「出前授業・講座」として毎年150 あまりの講座を開設し、本学の教職員を派遣しております。

出前授業・講座など
地域貢献事業の一環として、大学の知的財産を地域の方々にも提供しています。福祉・教育・医療の分野の人材育成をする大学として、地域住民にとっても利用しやすい大学を目指します。
出前授業・講座など
地域の母親・父親を対象に、子ども専攻の教員が、子育てや生活に役立つ情報についての講義を行います。また、子ども専攻の学生もボランティアとして参加し、親子体操のサポートや託児などを実施します。
出前授業・講座など
前橋商工会議所連携事業として「まちなかキャンパス」を開催。地域の方々を対象に、長年培ってきた教育と研究を土台にし、地域のニーズに応えることができる大学としてその役割を果たすことを目指しています。
高大連携事業

高大連携事業

「高大連携授業」をはじめ、高等学校との教育に関わる交流・連携を通じて、高校生の進路や学習への意識を高めるとともに、大学の教育内容への理解を深めてもらい、よりスムーズな高大接続を図っています。

高大連携事業
高大連携授業
高大連携情報交換会
高大連携情報交換会
「 前橋市「」藤岡市「」渋川市」と連携に関する協定を締結しています

「前橋市」「藤岡市」「渋川市」と連携に関する協定を締結しています

群馬医療福祉大学は、地域の発展や人材育成を推進するための連携に関する協定を締結しています。
地域と共に発展する総合大学として、全学規模で前橋市・藤岡市・渋川市との緊密な連携、協力を一層図って参ります。

調印式:前橋市長(左)
調印式:前橋市長(左)
調印式:前藤岡市長(左)
調印式:前藤岡市長(左)
調印式:前渋川市長(左)と
調印式:前渋川市長(左)と
行政との連携
前橋商工会議所(産業)、前橋市内の全大学(教育)、前橋市(行政・官)による産学官連携協定を締結し、若者の地元就学・就職、起業・創業、事業承継、雇用の確保、クリエイティブ人材の還流などの課題に取り組んでいます。
行政との連携
本学と藤岡市内の団体とが一緒にまちづくり事業を模索して、更なる相互発展と市民福祉の向上を目指すための連携会議です。SNSサポータ―の委嘱を受けた学生が、若い感覚や新しい視点で飲食店やお土産物などの情報をfacebookとInstagramで発信しています。
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会