EN 受験生サイト

社会福祉学科 社会福祉専攻 福祉心理コース

  • コース概要
  • カリキュラム・科目

心理+社会的な視点から個人を理解し、そのひとにいま必要な福祉支援を的確に発想・実践します

  • 学びについて 社会福祉の知識と同時に各種心理学を多彩に学び、実践のみでなく、学問としても心理学を探求します。
    心理学について細部にわたって広く、深く取り組み、少子高齢社会における子どもの発達から家庭の問題、高齢者の「こころ」の問題、特に認知症高齢者に多い特徴ある行動への対応、障害者の心理など、種々の問題を抱える人達に対する心理的対応を適切に実践できる人材を養成します。
    身に付く能力
  • 育成する人材 このコースで目指す認定心理士とは、心理学の専門家として仕事をするために必要な、標準的基礎学力と技能を修得していると日本心理学会が認定した人のことで、福祉施設や病院等の医療・福祉機関、また、児童相談所や福祉事務所等の福祉行政機関における相談員として、特に心理学的カウンセリング技術を持ったソーシャルワーカーになりたいと考えている人が学ぶコースです。

活躍が期待される場所

  • 精神科病院
  • 総合病院の精神科
  • 心療内科クリニック
  • 保健所
  • 精神保健福祉センター
  • 福祉事務所
  • 障害福祉サービス事業所
  • 児童養護施設
  • 高齢者福祉施設
  • 保護観察所
  • 矯正施設 など

目標とする資格

  • 公認心理師国家試験受験資格 ※2
  • 社会福祉士国家試験受験資格
  • 精神保健福祉士国家試験受験資格
  • 社会福祉主事任用資格
  • 老人福祉指導主事任用資格
  • 家庭相談員任用資格
  • 児童指導員任用資格
  • 児童福祉司任用資格
  • 身体障害者福祉司任用資格
  • 知的障害者福祉司任用資格
  • レクリエーションインストラクター
  • アクティビィ・ワーカー
  • 介護職員初任者研修課程 ※1
  • ケアマネジャー受験資格

※1 旧 訪問介護員のことです。
※2 大学院での所定課程修了 又は 所定プログラム等を整備した病院・施設・機関等での実務経験が必要です。

  • :本学を卒業することによって得られる資格
  • :本学において所定の科目を履修し、卒業することによって得られる資格
  • :本学が指定した講習等を受講し、修了することで得られる資格
  • :本学卒業後、指定施設・機関における1年以上の実務経験を積むことによって得られる資格
  • :本学卒業後、指定施設・機関における5年以上の実務経験を積み、試験に合格することによって得られる資格

人のこころをケアするスペシャリストを目指して。

  • 学びについて 少子高齢社会に伴い、さまざまな問題が生じています。児童虐待、子どもの家庭内暴力、いじめ、高齢者に多いと言われる、抑うつ・心気的傾向など問題行動や健康上の問題、生きがいの問題など多く指摘されています。福祉心理コースではこのような多岐にわたる諸問題の理解のため、社会福祉について最新の基本的な知識を幅広く修得し、種々の問題を抱える人々に対する心理的対応を適切に、且つ具体的に出来る専門家を養成します。

カリキュラム

※カリキュラムは変更になることがあります。

学年基礎教養科目専門科目
1年次
  • 哲学
  • 心理学理論と心理的支援
  • 社会理論と社会システム
  • 道徳教育
  • 健康論
  • スポーツ及びレクリエーション実技
  • 情報処理演習
  • 英語Ⅰ
  • 英語Ⅱ
  • 教育原理
  • 基礎演習Ⅰ
  • ボランティア活動Ⅰ
  • 国際文化論
  • 美術技法
  • チームケア入門Ⅰ
  • 医療・福祉・教育の基礎
  • 音楽(一般)
  • 人体の構造と機能及び疾病
  • 保健医療サービス
  • 高齢者に対する支援と介護保険制度
  • 相談援助の基盤と専門職
  • 福祉心理学
  • 心理学研究法
  • 学習心理学
  • 発達心理学
  • 教育心理学
  • 相談援助演習Ⅰ
  • 福祉行財政と福祉計画
  • 社会福祉史
  • 精神保健福祉相談援助の基盤(専門)
  • 社会福祉特講Ⅰ
2年次
  • 倫理学
  • 日本国憲法
  • 英語Ⅲ
  • 英語Ⅳ
  • 韓国語Ⅰ
  • 韓国語Ⅱ
  • 中国語Ⅰ
  • 中国語Ⅱ
  • 経済学
  • 日本史Ⅰ
  • 日本史Ⅱ
  • 世界史
  • 地理学
  • 基礎演習Ⅱ
  • ボランティア活動Ⅱ
  • チームケア入門Ⅱ
  • 現代社会と福祉
  • 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
  • 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
  • 相談援助の理論と方法Ⅰ
  • 相談援助演習Ⅱ
  • 相談援助実習指導Ⅰ
  • 社会保障
  • 社会調査の基礎
  • 精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅰ
  • 心理統計学
  • 老人心理学
  • 障害児(者)心理学
  • 青年心理学
  • 公衆衛生学
  • 人間関係論
  • 介護技術Ⅰ
  • 社会福祉特講Ⅱ
  • 心理学実験実習Ⅰ
  • 精神保健福祉に関する制度とサービス
3年次
  • 福祉情報処理
  • 児童文学
  • レクリエーション活動援助法
  • 総合演習Ⅰ
  • ボランティア活動Ⅲ
  • 相談援助の理論と方法Ⅱ
  • 相談援助演習Ⅲ
  • 相談援助実習指導Ⅱ
  • 相談援助実習
  • 低所得者に対する支援と生活保護制度
  • 地域福祉の理論と方法
  • 福祉サービスの組織と経営
  • 精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅱ
  • 精神保健福祉援助演習(基礎)
  • 精神保健福祉援助実習指導Ⅰ
  • 認知心理学
  • 臨床心理学
  • 人格心理学
  • 介護技術Ⅱ
  • 社会福祉特講Ⅲ
  • 心理学実験実習Ⅱ
  • 心理学実験実習Ⅲ
  • 臨床心理学特講
  • 社会心理学
  • 心理療法
  • 社会福祉法制
  • 卒業論文指導
4年次
  • 読書指導と文芸
  • 英会話
  • 政治学Ⅰ
  • 政治学Ⅱ
  • 人間と宗教
  • 生涯学習概論
  • マスメディア論
  • 特設科目・論語
  • 総合演習Ⅱ
  • ボランティア活動Ⅳ
  • 権利擁護と成年後見制度
  • 更生保護制度
  • 就労支援サービス
  • 福祉事務所運営論
  • 精神疾患とその治療
  • 精神保健の課題と支援
  • 精神保健福祉援助演習(専門)
  • 精神保健福祉援助実習指導Ⅱ
  • 精神保健福祉援助実習
  • アクティビティ・サービス援助技術
  • カウンセリング
  • 国際福祉論
  • 住環境福祉論
  • 相談心理学
  • 社会福祉特講Ⅳ
  • 介護体験実習Ⅰ
  • 介護体験実習Ⅱ
  • 介護体験実習指導
  • 発達心理学特講
  • 精神障害者の生活支援システム
  • 卒業論文
  • 人格心理学
  • 臨床心理学特講
  • 海外医療福祉研修(フィリピン)1~3年次選択科目
  • 海外語学研修(カナダ)1~4年次選択科目

科目紹介

  • 1年次 心理学理論と心理的支援(心理学概論) さまざまな領域の心理学を学びながら、心理的な考え方を身につけ、人間に対する視野を広げます。
  • 2年次 心理学実験実習Ⅰ(心理学実験) 心理学における実験の意義を理解し、心理学の実験に対する基本的な理解と実践的知識を修得します。
  • 3年次 精神保健福祉援助演習 精神障害者の生活や生活上の困難について把握し、精神保健福祉士に求められる相談援助に関わる知識と技術について修得します。
  • 4年次 相談心理学(公認心理師の職責) 公認心理師をはじめとした心理学の専門職が関わる心理的援助の具体的な活動や、そこで求められる知識・職責を理解します。
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会