EN 受験生サイト

短期大学部 医療福祉学科 福祉総合コース

  • コース概要
  • カリキュラム・科目

広い視野で日常生活から地域生活までを支える これからの社会を担う福祉専門職を養成します

  • 学びについて 「介護福祉士」と「社会福祉士」の2大国家資格を4年間で無理なく取得。短大(2年) + 大学(2年)の画期的なコースです。短大2年間の介護福祉士の学びを経て、本学社会福祉学部3年次に編入し社会福祉士の学びを行ないます。4年間の在学中に2つの専門分野を効率よく学ぶことができ、幅広く福祉の分野で活躍できる人材を目指します。
  • 育成する人材 高齢者、障がい児・者分野で直接利用者の方々にかかわる援助で、直接利用者の悩みや不安をうかがうことができ、さらに地域で暮らす全ての人々へのサポートについても理解することで、多様な活躍の場が期待されます。

活躍が期待される場所

  • 特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)
  • 福祉サービスを行なう民間企業
  • 児童福祉施設※
  • 障害者支援施設※
  • 地域包括支援センター※
  • 病院などの医療機関※
  • 行政機関(福祉職)※ など

    ※編入後、社会福祉士を取得してからの就職先

目標とする資格

  • 介護福祉士国家試験受験資格
  • 社会福祉主事任用資格
  • レクリエーション・インストラクター
  • 初級障がい者スポーツ指導員
  • 介護保険事務士(介護事務)
  • ケアマネジャー受験資格
  • [社会福祉学部3年次編入後、目指せる資格]
  • 社会福祉士国家試験受験資格
  • 精神保健福祉士国家試験受験資格
  • 老人福祉指導主事任用資格
  • 家庭相談員任用資格
  • 児童指導員任用資格
  • 児童福祉司任用資格
  • 身体障害者福祉司任用資格
  • 知的障害者福祉司任用資格

  • :本学を卒業することによって得られる資格
  • :本学において所定の科目を履修し、卒業することによって得られる資格
  • :本学において所定の科目を履修し、試験に合格することによって得られる資格
  • :本学卒業後、指定施設・機関における1年以上の実務経験を積むことによって得られる資格
  • :本学卒業後、指定施設・機関における5年以上の実務経験を積み、試験に合格することによって得られる資格
  • :福祉総合コースより群馬医療福祉大学3年に編入後、所定の科目を履修し、卒業することによって得られる資格

カリキュラム

※カリキュラムは変更になることがあります。

学年科目学年科目
1年次
[基礎科目]
道徳教育
スポーツ及びレクリエーション実技
医療・福祉・教育の基礎
マスメディア論
チームケア教育
[専門科目]
基礎演習Ⅰ
ボランティア活動Ⅰ
[介護福祉士指定科目]
人間の尊厳と自立(哲学)
人間関係とコミュニケーション
社会と制度の理解
介護の基本Ⅰ
介護の基本Ⅱ
コミュニケーション技術
生活支援技術Ⅰ
生活支援技術Ⅱ
介護過程の展開Ⅰ
介護総合演習Ⅰ
生活支援実習Ⅰ-①
生活支援実習Ⅱ-①
発達と老化の理解
認知症の理解
障害の理解
こころとからだのしくみⅠ
医療的ケアⅠ
[講座]
介護福祉特講Ⅰ
[コース科目]
高齢者に対する支援と介護保険制度
障害者に対する支援と障害者自立支援制度
心理学理論と心理的支援
相談援助の基盤と専門職
社会福祉特講Ⅰ
2年次
[基礎科目]
英語
英語Ⅱ
[専門科目]
総合演習
ボランティア活動Ⅱ
[介護福祉士指定科目]
介護報酬請求事務
福祉住環境
障がい者スポーツ
レクリエーション活動援助法
介護の基本Ⅲ
生活支援技術Ⅲ
生活支援技術Ⅳ
生活支援技術Ⅴ
介護過程の展開Ⅱ
介護過程の展開Ⅲ
介護総合演習Ⅱ
生活支援実習Ⅰ-②
生活支援実習Ⅱ-②
こころとからだのしくみⅡ
医療的ケアⅡ
医療的ケアⅢ
医療的ケアⅣ
[講座]
介護福祉特講Ⅱ
リンパマッサージ
就職指導
編入学指導
[コース科目]
社会福祉特講Ⅱ
社会理論と社会システム
相談援助演習Ⅰ
相談援助の理論と方法Ⅰ
社会福祉特講Ⅱ
児童と家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
社会保障

科目紹介

  • 生活支援技術 尊厳保持の観点から、どのような状態であってもその人の自立・自律を尊重し、潜在能力を引き出したり、見守ることも含めた適切な介護技術を用いて、安全に援助できる技術や知識について修得します。
  • 相談援助の理論と方法Ⅰ 社会福祉士がクライエントの主体性に力添えし、well-beingの増進をめざしてクライエント協働する際に、中核となるのが相談援助活動です。多岐にわたる相談援助活動で着目すべきことがらを理論的・方法論的な基礎として整理し、丁寧に確認していきます。
  • 編入学指導 本学3年次への編入学試験に対する小論文指導や面接指導、短期大学部で学んだことを振り返るとともに、受験に対する心構えなどの指導を受けます。
  • 社会福祉特講Ⅲ・Ⅳ 社会福祉士として身につけることが必要とされる広い範囲の基礎的な知識を学習し、その学習方法等についても解説を行ないます。また、社会福祉士国家試験過去問題を解いたうえで、自身で解説を作成し、他者へ伝えます。
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会