EN 受験生サイト

医療技術学部

設置認可申請中のため、
掲載の内容は予定であり、変更があり得ます。

新学部ニュース 新学部ニュース


チーム医療の推進に貢献できる臨床検査学と臨床工学に精通した高度専門医療人を育てます。

医療人としての高い倫理観と責任感を持ち、臨床検査学と臨床工学の知識・技術を身につけ、
その知識・技術を実践に生かすことができ、チーム医療の一員として活躍できる医療技術者を養成します。

  • POINT01 臨床検査学と臨床工学を学ぶ

    医療人としての高い倫理観と責任感を基にした
    「臨床検査学」と「臨床工学」の2つの知識・技術を学修します。

  • POINT02 チーム基盤型学習

    学生は教員に与えられた課題を事前学習し、講義ではチームに分かれ討議し、解答を発表します。教員は各チームにポイントを絞って補足説明します。
    この学習により、グループのメンバー間に強いまとまりと信頼が育まれ、チーム医療を学ぶ基礎となります。

  • POINT03 問題解決型学習

    はじめに医療現場で直面する問題の中から検討する課題を決めます。
    各々の学生がその解決策を考えた後、
    学生同士で議論し問題解決に必要な調査項目を明確にします。
    その後自主的に検索・学習し、その知識を用いて問題を解決します。
    この学習で、議論を通した問題解決へのアプローチ方法を身につけます。

  • POINT04 多彩な教育スタッフによる学習

    臨床検査学と臨床工学の実務経験豊富な教員のみならず、
    医学・薬学・保健学・工学・統計学などの専門家が
    専任教員として教育に当たります。
    この教育体制により、高度かつ実践的な知識と技術が身に付きます。

  • POINT05 医療技術学部 ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針) POINT05 医療技術学部 カリキュラム・ポリシー
    知識・理解
    1. 保健医療の中核を担う専門職業人として必要な基礎知識や技術とともに、幅広い教養と技能を身に付けている。
    2. 臨床検査学および臨床工学の両分野にわたる知識・技術を身に付けている。
    汎用的技能
    3. 保健医療の担い手として、将来に渡って自らを向上させてゆく意欲と自己開発力を身に付けている。
    態度・志向性
    4. 知識・技術を実践に生かすことができる能力(知行合一)を身に付けている。
    5. チーム医療の一員として、高い倫理観に基づき、専門的知識や技術を活用する態度を身に付けている。
    統合的な学習経験と創造的思考力
    6. 保健医療の諸課題に対し、専門的・多面的視点から分析することができ、その解決手段を主体的に検討し発信する能力を身に付けている。
    臨床検査学専攻 ディプロマ・ポリシー
    知識・理解
    1. 科学的根拠に基づいた臨床検査に関する専門的知識及び技術を有し、幅広い教養と技能を身につけ、保健医療専門職としての役割を認識した行動ができる。
    2. 臨床検査業務において、臨床工学の知識・技術を活用できる。
    汎用的技能
    3. 臨床検査(検体検査、生理機能検査、遺伝子検査など)の急速な発展に対応し、科学的根拠に基づいた臨床検査を継続的に実践できるように自己研鑽ができる。
    態度・志向性
    4. 修得した臨床検査学に関する知識・技術を臨床現場で有効に活用できる。
    5. チーム医療において臨床検査技師としての役割を認識し、高い倫理観を持って行動し、医療の充実および安全性向上に貢献できる。
    統合的な学習経験と創造的思考力
    6. 最新の社会・医療情勢の把握に努め、自らの能力を活用し、保健医療における諸課題の解決に向け、主体的に行動することができる。特に臨床検査学の発展に必要な研究手法および研究的思考法の基礎を修得している。
    臨床工学専攻 ディプロマ・ポリシー
    知識・理解
    1. 科学的根拠に基づいた 臨床工学に関する専門的知識及び技術を有し、幅広い教養と技能を身につけ、保健医療専門職としての役割を認識した行動ができる。
    2. 臨床工学業務において、臨床検査学の知識・技術を活用できる。
    汎用的技能
    3. AIなどの導入により急速に発展する臨床工学分野において、科学的根拠に基づいた臨床工学を継続的に実践できるように自己研鑽ができる。
    態度・志向性
    4. 修得した臨床工学に関する知識・技術を臨床現場で有効に活用できる。
    5. チーム医療において臨床工学技士としての役割を認識して行動し、高い倫理観を持って医療の充実および安全性向上に貢献できる。
    統合的な学習経験と創造的思考力
    6. 最新の社会・医療情勢の把握に努め、自らの能力を活用し、保健医療における諸課題の解決に向け、主体的に行動することができる。 特に臨床工学の発展に必要な研究手法および研究的思考法の基礎を修得している。
    CLOSE
  • POINT06 医療技術学部カリキュラム・ポリシー POINT06 医療技術学部カリキュラム・ポリシー
    教育課程の編成方針
    医療技術学部の人材養成の目的(ディプロマ・ポリシー)を達成するために、教育課程を「基礎科目」、「専門基礎科目」「専門科目」に区分して編成し、医療人としての必要な素養を養成するとともに、医療技術者として求められる知識と技術を確実に修得させる。
    教育内容・方法
    教育内容
    1. 基礎科目では、医療人として必要な幅広い教養とコミュニケーション能力を養成する科目を配置する。
    2. 専門基礎科目では、臨床検査学・臨床工学の基礎的な知識と技能を深めるために重要な科目を配置し、両学問領域の基礎知識を初年次から段階的に学修させる。
    3. 専門科目では、基礎科目・専門基礎科目で修得した知識・技術をもとに、専門知識としての医療技術の理論と実際を学修させる。
    4. 臨地実習(臨床検査学専攻)、臨床実習(臨床工学専攻)では、実践能力の修得とコミュニケーション能力の向上を図る。
    5. 卒業研究および総合演習Ⅰでは、保健医療の諸課題に対する基礎的研究能力・自己開発力を養成する。
    教育方法
    1. 学生参画型対話型教育を活用する。
    2. 講義と演習、実習を連続的に行い、知識と技能の深化・定着を図る。
    3. 学習ポートフォリオを用いて個々の学生の学修デザインを支援する。
    学習成果の評価方針
    1. シラバスに学習成果の評価方法を具体的に明示し、学生の成長を促進するための厳格な成績評価を行う。
    2. ディプロマポリシーに示した資質・能力を達成状況は、総合的な学習到達度および卒業研究・卒業論文によって評価する。
    臨床検査学専攻 カリキュラム・ポリシー
    教育研究上の目的は、急速に高度化・専門化する臨床検査領域に対応でき、さらに臨床工学領域の知識・技術を持ち、人間性を尊重し、チーム医療で活躍できる臨床検査技師を育成することであり、この目的を達成するために必要なカリキュラムを編成する。
    教育内容・方法
    1. 初年次に語学、哲学、心理学を学び、幅広い教養と技能を養成する。
    2. 初年次に始まる「基礎演習」等通じて、コミュニケーション能力を高め、高い倫理観を身に着ける教育を行う。また、主体的に考え行動する能力も養成する。
    3. 初年次に始まる「ボランティア活動」において知行合一の能力を養成する。
    4. 初年次の「医療・福祉・教育の基礎」における専門職連携教育を通じて、チーム医療の中で、自己の職種の意義を理解し、その活用のために必要な能力を養成する。
    5. 初年次に専門基礎科目として解剖学、生理学、生化学を学び、3年次以降の専門科目(臨床検査総論、病理学、臨床化学、臨床微生物学、医動物学、臨床血液学、臨床免疫学、臨床生理学)へと移行し、基礎から臨床にわたる階層的知識を積み上げる。
    6. 3年次以降、臨床工学領域の知識・技術を養成する。
    7. 4年次の「卒業研究方法論」、および「卒業研究」において、保健医療の諸課題に対する基礎的研究能力を養成する。
    学習成果の評価方針
    1. シラバスに学習成果の評価方法を具体的に明示し、学生の成長を促進するための厳格な成績評価を行う。
    2. ディプロマポリシーに示した資質・能力を達成状況は、総合的な学習到達度および卒業研究・卒業論文によって評価する。
    臨床検査学専攻 カリキュラム・ポリシー
    教育研究上の目的は、日々進歩する臨床工学領域に対応でき、医療機器の技術と管理を担い、さらに臨床検査領域の知識・技術も持ち、人間性を尊重し、チーム医療で活躍できる臨床工学技士を養成することであり、この目的を達成するために必要なカリキュラムを編成する。
    教育内容・方法
    1. 初年次に語学、哲学、心理学を学び、幅広い教養と技能を養成する。
    2. 初年次に始まる「基礎演習」等を通じて、コミュニケーション能力を高め、高い倫理観を身に着ける教育を行う。また、主体的に考え行動する能力も養成する。
    3. 初年次に始まる「ボランティア活動」において知行合一の能力を養成する。
    4. 初年次の「医療・福祉・教育の基礎」における専門職連携教育を通じて、チーム医療の中で、自己の職種の意義を理解し、その活用のために必要な能力を養成する。
    5. 初年次に専門基礎科目として解剖学、生理学、生化学を学び、3年次以降の専門科目(生体計測技術学、医用治療機器学、呼吸療法技術学、血液浄化技術学、機器安全管理学)へと移行し、基礎から臨床にわたる階層的知識を積み上げる。
    6. 3年次以降、臨床検査領域の知識・技術を養成する。
    7. 4年次の「卒業研究方法論」、および「卒業研究」において、保健医療の諸課題に対する基礎的研究能力を養成する。
    学習成果の評価方針
    1. シラバスに学習成果の評価方法を具体的に明示し、学生の成長を促進するための厳格な成績評価を行う。
    2. ディプロマポリシーに示した資質・能力を達成状況は、総合的な学習到達度および卒業研究・卒業論文によって評価する。
    CLOSE
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会