EN 受験生サイト

医療技術学部 臨床検査学専攻

設置認可申請中のため、掲載の内容は予定であり、変更があり得ます

  • コース概要
  • カリキュラム・科目

臨床検査学と臨床工学の知識・技術を併せ持ち、チーム医療で中心的役割を担うことができる臨床検査技師を養成します

  • 学びについて 臨床検査技師は病院などで検体検査および生理学的検査を行い、患者さんの体の正確な情報を提供しています。そのため、基礎教育では、医療人に欠かせないボランティア精神・チーム医療・倫理学を学びます。また、チーム医療教育の基礎を築くためチーム基盤型学習を取り入れています。その後、問題解決型学習で、自分自身で問題を解決する能力を養い、専門教育で臨床検査学と臨床工学の知識・技術を学びます。これらの知識・技術を活用し、臨地実習及び卒業研究で実践に結びつけます。
  • 育成する人材 医療人に欠かせないボランティア精神・チーム医療精神・高い倫理を基にした「臨床検査学と臨床工学」の知識・技術を併せ持つ人材を養成します。卒業後は、臨床検査学・臨床工学のダブルライセンスを持つ医療人や、検査結果を適切に判断・評価し、他の医療職に説明できる Clinical Laboratory Scientist となります。

活躍が期待される場所

  • 病院
  • クリニック
  • 健診(検診)センター
  • 臨床検査センター
  • 製薬会社
  • 医療機器メーカー
  • 臨床研究コーディネーター(CRC)
  • 保健所
  • 大学
  • 研究所
  • 科学捜査研究所

目標とする資格

  • 臨床検査技師国家試験受験資格
  • 臨床工学技士国家試験受験資格
  • 社会福祉主事任用資格
  •  
  • 第2種ME技術者
  • バイオ技術者
  • :本学を卒業することによって得られる資格
  • :本学において所定の科目を履修し、卒業することによって得られる資格
  • :在学中に取得できる資格

医学の基礎から臨床検査学の専門分野まで幅広い知識と技術を身に付けます。

  • 学びについて 臨床検査技師は医療分野で専門性を認められた国家資格です。医学の基礎から臨床検査学の専門分野まで幅広い知識と技術を身に付けます。臨床検査の2大分野である検体検査と生理学的検査の知識・技術を修得した後、4 年次に臨地実習で実践的能力と患者接遇態度を学び、卒業研究で論理的思考能力と発信力を学びます。

カリキュラム

※カリキュラムは変更になることがあります。

学年基礎科目専門基礎科目専門科目
1年次
  • 生物学
  • 化学
  • 物理学
  • 数学/統計学の基礎
  • 倫理学
  • 哲学
  • 論語
  • スポーツ及び
     レクリエーション実技
  • 心理学概論
  • 英語Ⅰ
  • 英語Ⅱ
  • 韓国語Ⅰ
  • 韓国語Ⅱ
  • 中国語Ⅰ
  • 中国語Ⅱ
  • 医療・福祉・教育の基礎
  • 国際文化論
  • 法学(日本国憲法を含む)
  • 経済学
  • マスメディア論
  • チームケア入門Ⅰ
  • ボランティア活動Ⅰ
  • 基礎演習Ⅰ
  • 医学概論
  • 解剖学
  • 解剖学実習
  • 生理学Ⅰ
  • 生理学Ⅱ
  • 生理学実習
  • 生化学Ⅰ
  • 生化学Ⅱ
  • 生化学実習
  • 医学概論
  • 解剖学
  • 解剖学実習
  • 生理学Ⅰ
  • 生理学Ⅱ
  • 生理学実習
  • 生化学Ⅰ
  • 生化学Ⅱ
  • 生化学実習
  • 医用工学概論
  • 医用工学概論実習
  • 医用電気工学Ⅰ
  • 医用電気工学Ⅱ
  • 医用電気工学実習
2年次
  • 医学英語
  • チームケア入門Ⅱ
  • ボランティア活動Ⅱ
  • 基礎演習Ⅱ
  • 病理学Ⅰ
  • 病理学Ⅱ
  • 病理学実習
  • 医用電子工学Ⅰ
  • 医用電子工学Ⅱ
  • 医用電子工学実習
  • 生体物性工学
  • 医用材料工学
  • 計測工学
  • 医用機械工学
  • 応用数学
  • 情報処理演習
  • 情報科学概論
  • 医用情報処理工学
  • プログラミングの基礎
  • 臨床検査総論Ⅰ
  • 臨床検査総論Ⅱ
  • 臨床検査総論実習Ⅰ
  • 臨床検査総論実習Ⅱ
  • 臨床化学Ⅰ
  • 臨床化学Ⅱ
  • 臨床化学実習Ⅰ
  • 臨床化学実習Ⅱ
  • 医用機器学概論
  • 医用治療機器学
  • 医用治療機器学実習
  • 臨床医学総論Ⅰ
  • 臨床医学総論Ⅱ
  • 検査機器総論
3年次
  • 総合演習Ⅰ
  • 医用システム・制御工学
  • 医動物学
  • 医動物学実習
  • 臨床血液学Ⅰ
  • 臨床血液学Ⅱ
  • 臨床血液学実習Ⅰ
  • 臨床血液学実習Ⅱ
  • 臨床免疫学Ⅰ
  • 臨床免疫学Ⅱ
  • 臨床免疫学実習Ⅰ
  • 臨床免疫学実習Ⅱ
  • 臨床微生物学
  • 臨床微生物学実習
  • 生理機能検査学Ⅰ
  • 生理機能検査学Ⅱ
  • 生理機能検査学実習Ⅰ
  • 生理学機能検査実習Ⅱ
  • 放射性同位元素検査学
  • 生体計測装置学
  • 医用機器安全管理学
  • 医用機器安全管理学実習
  • 医療安全管理学
  • 呼吸療法装置学
  • 血液浄化療法装置学
  • 体外循環装置学
  • 呼吸療法装置学実習
  • 血液浄化療法装置学実習
  • 体外循環装置学実習
  • 薬理学
  • 看護学概論
  • 小児科学
  • 福祉工学
  • ロボティクス
4年次
  • 総合演習Ⅱ
 
  • 公衆衛生学・関係法規
  • 臨床検査学演習
  • 臨床工学演習
  • 卒業研究Ⅰ
  • 卒業研究Ⅱ
  • 臨地実習
  • 臨床実習

科目紹介

  • 1年次

    医学概論 医学の歴史的変遷、および臨床検査技術と
    臨床工学技術の進歩を学修し、
    さらに臨床における倫理の
    基本的知識について学修する。
    また、各職種の倫理綱領を基盤にし、
    様々な医療状況における対応を、
    対話とディスカッションを通して論理的に
    考えるプロセスを学修する。

    特に医療現場で重要なインフォームドコンセント、quality of life (QOL)・standard of living (SOL)・quality of death (QOD)、終末期医療・Do Not Attempt Resuscitation (DNAR)、安楽死・尊厳死・脳死・臓器移植、および生殖医療・出生前診断を深く学修します。
  • 2年次

    臨床検査総論I 各種検査材料(尿、糞便、穿刺液、
    血液等)の採取法・保存法、一般検査
    (尿定性・定量検査、尿沈渣検査、
    糞便検査、髄液検査等)に必要な知識と
    技術を学修する。
    さらに、検査結果を分析し、
    背景となる病態を判断できる
    能力を習得する。

    臨床検査は、人体から採取した血液,尿,便,体液,組織などの検体を分析する検体検査と心電図や脳波,超音波や呼吸機能検査のように機器をつかった生理機能検査の2つに分けられます。臨床検査総論では検体検査を学びます。
     
     
  • 3年次

    臨床微生物学 微生物学の歴史的背景・微生物の分類を
    学修し、細菌学では、各種細菌の形態と構造、
    分類、観察法と染色法、培養法・同定法、
    遺伝子診断を学修する。
    ウィルス学では、ウィルスの分類、
    形態学的特徴、代謝と発育、
    感染経路・感染症状、検査法を学修する。

    微生物学は病原微生物の形態、起病力、感染力、感染経路のみならず、その診断・治療法 を解明する学問です。パンデミック感染症が大きな社会問題となっている中、細菌やウィルスの診断法や感染対策を学びます。
  • 4年次

    臨地実習 臨地実習病院の各検査室ないし
    部門(一般検査、血液検査、臨床化学検査、
    臨床免疫検査、遺伝子検査、細菌検査、
    臨床生理検査、病理検査、輸血検査)
    で実習し、臨床検査学の実際を修得する。
     
     

    大学内で学修・修得した知識と技術をもとに、2~4人で構成する班に分かれて臨床実習病院で実習します。現場の臨床検査、特に学内に無い先進医療検査機器の使用法・管理法や患者接遇の仕方を学びます。
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会