EN

授業情報 LESSON

授業情報
2020.11.13
[社会福祉学部] サービス・ラーニングⅠ「活動期間」の計画発表会を行いました

 現在,社会福祉学部の1年生は『サービス・ラーニングⅠ』という授業の中で,自分たちの興味関心に沿って15のグループを結成し,「自分たちが興味関心のあるフィールドでどのような実践が行われ,そこで何が求められているか」を学ぶ活動を行っています。
 これまでの学内での座学やグループワークを通じて立てた計画に沿って,11月7日から12月10日までの約1か月間を「活動期間」と定め,アポイントを取った学内の教員に専門領域での実践について話を聞いたり,学外の機関にて見学やインタビューをさせていただいたりといったそれぞれのグループごとの活動が行われることになります。
 この日は「オンラインでの授業」の週のため,Zoom上でそれぞれのグループが作成した計画の発表会を行いました。

・障害者スポーツ
・高齢者施設でのレクリエーション
・さまざまな事情を持った子どもたちへの支援
・子どもの貧困に関わる問題への支援
・特別支援学校における活動
・小学校の学級づくりにおいて私たちができること
・幼児の保護者への支援
・病児保育
・防災と地域活性化
・環境保全の実態とニーズ
・子育て中の親とその子ども
・地域で暮らす高齢者の方の現状
・子どもたちの放課後の活動
・医療ソーシャルワーカーの活動
・障害をもつ方の余暇支援

 大学での講義で学ぶ中で興味を持った領域や,入学以前から興味のあった事柄,これから実習先としてお世話になる施設,将来働きたいと考えている分野や逆に将来とは関係なく今だからかかわってみたい分野など,興味関心の理由はさまざまです。
 また,領域によっては新型コロナウイルスの感染拡大予防の観点から,訪問や見学が難しい領域もありますが,学生たちは今できる方法を自分たちで考え,活動の計画を立ててくれていました。
こうした主体的な計画を、授業担当教員やクラス担任,地域連携センターをはじめとした学内の教職員でバックアップしながら,今後はそれぞれグループの学内外での活動の様子についてご紹介できればと思います。

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会