EN

授業情報 LESSON

授業情報
2020.12.25
[社会福祉学部] 「サービス・ラーニングⅠ」各班の活動紹介

11月から12月の間,社会福祉学部の1年生は『サービス・ラーニングⅠ』の授業の中で,自分たちの興味関心に沿って15のグループを結成し,「自分たちが興味関心のあるフィールドでどのような実践が行われ,そこで何が求められているか」を自分たちの立てた計画に沿って学ぶ活動を行っています。

今回は,11月18日~12月12日の間に行われた活動の様子を紹介します。

 

東ふれあい公園/前橋公園での活動

群馬県や高崎市の環境保全に関わられている部署の方にお答えいただいたアンケートの結果をもとに,何が今できるかを検討し,東ふれあい公園と前橋公園でゴミ拾いを行いました。前橋公園では,タバコのゴミが多く落ちていました。他には弁当のプラスチックゴミ,お菓子の袋などが落ちていました。利根川を見てみたところ,非常に大量のゴミが捨ててありました。見過ごすことが出来なかったため,少し拾いました。公園にも想像以上にゴミがあり,驚きました。また,川などで非常に多くのゴミが捨てられているという現状を知ることができてよかったです。今回の活動で、少しでも地球の環境保全に協力できてよかったと思いました。(町田駿・真下駿佑・佐藤美結・関口紗瑛・三木喜貴)

 

NPO法人iitokoでの活動

実際に余暇支援活動の様子を見学させていただいて,よりリアルに支援者の方,参加者の方の気持ちが分かりました。障がいのあるなしに関わらず,相手の気持ちを感じ取る努力や思いやりが大切なことを学びました。とても貴重な経験になりました。(渡辺舞・茂木明日香・井古田桃華・木村多加志・古平未樹)

 

附属鈴蘭幼稚園での活動

「預かり保育組」と「先生のお手伝い組」で分かれて活動を行いました。「先生のお手伝い組」は,ちょうどクリスマスシーズンということで,クリスマス会のプログラム表のお手伝いをしました。私は工作が好きなので,楽しくお手伝いすることができました。プログラム表の作成は、かなり量があり,先生方は園児のお世話をした後の放課後には裏での仕事があり,子供たちと関わること以外にも大変な仕事が多くあるのだなあと感じ,保育の仕事の大変さを知りました。でも,どの先生も楽しそうで,先生方同士も仲が良く,貴重な体験ができて良かったと感じました。(熊河夏恋・金子雪菜・眞藤ひより・田内妙花・山田拓実)

 

高齢者施設でのレクレーション企画に関する相談

“デカ・プリオさん”こと清水久ニ雄先生(短期大学部 医療福祉学科 介護福祉コース)に沢山お話をきくことができました。学部が異なることもあり,初対面だったのでどんな先生なのか分からずガチガチに緊張していましたが,あたたかく迎えてくださって安心しました(岸千春・鈴木幸矢・遠井佑香・佐藤裕人・藤生暁)。

 

社会福祉学部だけではなく他学部を含めた学内の教員の下での指導や,学外の様々な施設・機関の方々からのご協力をいただきながら,今の状況下で安全に実施できる方法で各学生は活動を行いました。今後,これらを活動で学んだ実践の様子やニーズをまとめ,『自分たち大学生には何ができるか』の企画発表を行い,来年度の実践につなげていく予定です。

 

11/1912/12にかけて様々な形でご協力いただきました皆様(順不同/敬称略)

・特定非営利活動法人iitoko(いいとこ)

・群馬医療福祉大学附属 認定こども園 鈴蘭幼稚園

・公益財団法人ぐんまYMCA

・ミニバスケットボールチーム「オール東(男子)」

・社会福祉法人 みどの福祉会

・群馬県立高崎高等特別支援学校

・太田記念病院 (SUBARU健康保険組合)

・前橋市東公民館

・前橋公園管理センター

 

ご協力いただき本当にありがとうございました。

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会