EN

皆様へのお知らせ NOTICE

お知らせ
2020.05.22
「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』の給付希望者の募集について

「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』の給付希望者の募集について
 
 新型コロナウイルス感染症拡大の影響を踏まえ、アルバイト収入の減少などにより、学生生活の継続に支障をきたす学生等を対象に、学生支援緊急給付金事業(令和2年5月19日閣議決定)が創設されました。
 
 本事業は、家庭から自立してアルバイト等により学費を賄っていることや、新型コロナウイル感染症拡大の影響でその収入が大幅に減少していることなどの要件を満たす学生が対象となります。
申請内容を踏まえて大学において、候補者を選考いたします。
 
1.支給額について
・住民税非課税世帯の「支給要件」を満たす学生:20万円
・上記以外の「支給要件」を満たす学生:10万円
 
2.支給要件について
以下の①~⑥を満たす者で、経済的な理由により修学の継続が困難であると認められる者
①家庭から多額の仕送りを受けていないこと(※1)
②原則として自宅外で生活をしている(※2)
③生活費・学費に占めるアルバイト収入の割合が高い
④家庭(両親のいずれか)の収入減少等により、家庭からの追加的支援が期待できない
⑤コロナ感染症の影響でアルバイト収入(雇用調整助成金による休業補償を含む(※3)が大幅に減少(前月比(※4)の50%以上減少)している
⑥既存制度について以下の条件のうちいずれかを満たすこと(※5)
1)高等教育の修学支援新制度(以下、新制度)の第Ⅰ区分の受給者
2)新制度の第Ⅱ区分又は第Ⅲ区分の受給者であって、第一奨学金(無利子奨学金)の併給が可能なものにあっては、限度額まで利用している者又は利用を予定している者
3)新制度に申し込みをしている者又は利用を予定している者であって、第一種奨学金(無利子奨学金)の限度額まで利用している者又は利用を予定している者
4)新制度の対象外であって、第一種奨学金(無利子奨学金)の限度額まで利用している者又は利用を予定している者
5)要件を満たさないため新制度又は第一種奨学金(無利子奨学金)を利用できないが、民間等を含め申請が可能な支援制度を利用している者又は利用を予定している者
 
上記2.を考慮した上で、経済的理由により大学等での修学の継続が困難であると大学等が必要性を認める者
(※1)家庭からの多額の仕送りを受けるとは、家庭からの仕送り額年間150万円以上(授業料を含む)を目安とします。(あくまでも目安であり、これを超えていたとしても推薦は可能)
(※2)自宅外で生活しているとは、学生等が生計維持者のもとを離れて家賃を支払って生活している状況のことをいいます。申請にあたっては、自宅外通学であるということの証明書類(アパート等の賃貸借契約書のコピー等)の提出が必要です。
(※3)あなたが勤めるアルバイト先が雇用調整助成金の支払対象となっており、かつ雇用主から休業手当が支払われている場合は、当該手当をアルバイト収入とみなします。
(※4)2020年1月以降で、学生本人のアルバイト収入が大きく減少した月が「当月」となります。
(※5)第Ⅰ区分、第Ⅱ区分、第Ⅲ区分とは、高等教育の修学支援新制度における、収入基準に基づく支援区分のことを指します。具体的な収入基準は以下の通りになります。
 第Ⅰ区分・・・学生本人と生計維持者の市町村税所得割が非課税であること
 第Ⅱ区分・・・学生本人と生計維持者の支給額算定基準額の合計が100円以上25,600円未満であること
 第Ⅲ区分・・・学生本人と生計維持者の支給額算定基準額の合計が25,600円以上51,300円未満であること
 
文部科学省Webサイト「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』もご覧ください。

https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/hutankeigen/mext_00686.html

 
3.申請手引きについて
 下記のPDFファイルを熟読してください。
 
 
 
 
4.申込、書類の提出について
 最初に「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』申請の手続き(学生・生徒用)のP6「3.申込手順等」をよく読んでください。
 
(申込関係書類の作成)
 「学生緊急給付金申請書」と「誓約書」について、下記より【様式1】と【様式2】をダウンロードのうえ、必要事項を記入して下さい。
 
 
 
(必要書類を学校へ提出)
  定められた期限までに、【様式1】と【様式2】、また、申請の手引きのP7に記載されている必要書類を提出して下さい。
 
 
5.提出期限について
 2020年6月10日(水)※必着
 
  現在、入構禁止の処置をとっているため簡易書留かレターパックライトで所属するキャンパスの学生課へ郵送してください。なお、入構制限が緩和された場合は、直接提出も可とします。
 
6.留意事項
・申請の手引きを必ず熟読してください。
・必要に応じて申請時に、申請者本人にヒアリングを行うことがあります。
・申請受付後、大学での選考、推薦を経て申請者本人の口座に日本学生支援機構より振込まれます。申請の手引きの4ページに記載のとおり、支給の決定通知はありません。口座への振込をもって、支給決定の通知となります。
・学校ごとに推薦枠があるため、申請いただいても該当にならない場合があります。
・申請後に申請書類に虚偽があった場合は、全額返還しなければなりません。
 
【問い合わせ先及び書類提出先】
 
社会福祉学部・短期大学部 
〒371-0823 群馬県前橋市川曲町191-1 
群馬医療福祉大学 前橋キャンパス 学生課
TEL:027-253-0294
 
看護学部
〒375-0024 群馬県藤岡市藤岡787-2 
群馬医療福祉大学 藤岡キャンパス 学生課
TEL:0274-24-2941
 
・リハビリテーション学部
〒371‐0023 群馬県前橋市本町2‐12‐1 K‘BIX元気21まえばし(6F)
群馬医療福祉大学 本町キャンパス 学生課
TEL:027‐210‐1294

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会