EN

皆様へのお知らせ NOTICE

お知らせ
2020.12.21
【重要】冬期休業中における新型コロナウイルス感染防止対策について

                                                

                                       令和2年12月21日
学生の皆さんへ

 

                         

【重要】冬期休業中における新型コロナウイルス
感染防止対策について

 

 

 

 現在、各都道府県で新型コロナウイルス新規感染者数が増加しています。群馬県においても同様です。これに伴い、群馬県では12月19日付けで「社会経済活動再開に向けたガイドライン」警戒度を【4】に引き上げました。これらのことから、冬期休業中の過ごし方や外出等の移動について十分に注意をしなければなりませんので、以下の事柄を踏まえ、感染拡大防止に努め、冬期休業を過ごしてください。

 

1.冬期休業中における毎日の感染対策の徹底について
(1)手洗い、うがいをこまめに行う。(手指消毒含む手指衛生の徹底)
(2)毎日の検温及び健康観察を行い、健康観察記録表に必ず記入する。
(3)毎日の行動を行動記録表に必ず記入する。
(4)マスクを着用(咳エチケット)する。特に外出する際は必ず着用する。

 

2.外出について
(1)移動
 生活に必要な場合を除き、不要不急の外出は自粛してください。
 群馬県外に居住している、または群馬県外に帰省する場合等、各自治体が発出している注意喚起及び警戒レベルに十分注意し、自治体の感染防止対策を遵守すること。

(2)注意事項
・夜間も含め、3密となるリスクが高く、感染防止対策が取られていない場所への不要不急の外出は自粛する。
・友人等との会食には十分な感染対策を行い、対策が取れない場合は避ける。特に大人数での会食は自粛する。
・飲食店などにおいて大声で話したり、カラオケ、イベント、スポーツ観戦などで大声を出したりすることは控える。
・大人数での旅行等は自粛する。
※特にサークル単位等でのイベント、集団旅行、合宿は禁止
・外務省から各国に対して感染症危険情報が発出されているため、海外、その他遠隔地への旅行等は感染防止に配慮し自粛する。
・人と人の距離を確保(最低1m)する。


3.冬期休業期間中における陽性判明及び濃厚接触者として特定された場合について
(1)PCR検査等で陽性と判明された場合、濃厚接触者として特定された場合の報告方法
 冬期休業中に陽性と判明された場合または濃厚接触者として特定された場合は必ず担任に連絡を入れること。

(2)(1)の対応について
 陽性と判明された場合、または濃厚接触者として特定された場合は医療機関及び保健所からの指導を遵守すること。

 

4.感染リスクの回避について
 以下の感染リスクが高まる「5つの場面」を回避する。※未成年者の喫煙・飲酒は厳禁

 


 以上の事柄に十分注意し、医療・福祉・教育分野を学んでいる学生として、この状況をしっかり把握し、一人ひとりが感染防止対策を徹底の上、専門分野を目指す者として自覚を持った行動をお願いします。


                                 群馬医療福祉大学
                                 群馬医療福祉大学短期大学部

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会