EN

皆様へのお知らせ NOTICE

お知らせ
2021.05.14
学長メッセージ 【まん延防止等重点措置適用に伴う本学における授業実施等の方針について】学生並びに保護者の皆様へ     

令和3年5月14日

 

学長メッセージ

群馬医療福祉大学 学生並びに保護者の皆様へ

 

学校法人昌賢学園

群馬医療福祉大学

学長  鈴木 利定

 

 令和3年5月14日、群馬県の前橋市・藤岡市を含む10市町においては「まん延防止等重点措置」の対象地域となることが発表されました。本学では、5月4日に群馬県の「社会経済活動再開に向けたガイドライン」警戒度が【4】へ引き上げられた時点で、各キャンパスの状況に合わせ、対面授業もしくは遠隔(オンライン)による授業を実施してまいりました。

 しかしながら、「緊急事態宣言」に準じた措置とされる、この度の「まん延防止等重点措置」の適用は、「群馬医療福祉大学 新型コロナウイルス感染症の感染段階による授業等対応・行動指針」における第4段階に該当すると判断し、全学部、大学院、短期大学部においては、5月16日~5月31日まではすべての授業を原則として遠隔(オンライン)授業にて実施し、この期間は通学再開への準備期間とすることといたしました。

 これまで本学が講じてきた感染予防対策については、学生並びに保護者の皆様に多大なご協力をいただき、学内での感染を防ぐ効果が得られました。昨年1年を通して得た知見をもとに、学生の学修機会確保等の観点から、「まん延防止等重点措置」適用期間が6月13日までとの見込みではありますが、6月1日からは対面授業と遠隔(オンライン)授業を併用して再開する方針です。

 昨今、ICTを活用した教育も推進され、特に昨年度からは遠隔(オンライン)授業も併用し、皆さんの学びの継続に努め、一定の学修効果があることも学内調査にてわかりました。そのため、ICTを活用した学びの推進も必要であると捉えています。一方で、文部科学省からの「基本的対処方針」の通知において、学生の学修機会の確保と、新型コロナウイルス感染症への徹底の両立への取り組みが求められており、対面による授業機会の確保も重要視されております。医療・福祉・教育は人を対象とする分野であることは言うまでもなく、心の通った交流が必要となります。その専門職を目指す皆さんには、キャンパス内においても、友人や教職員の先生方との交流を通して、心に届く学びを修得していただきたいと捉えています。

 なにより、学生皆さんの健康・安全を最優先し、この状況下、皆さんが学び続けるための対策をさらに強化・継続してまいります。

 医療・福祉・教育を学ぶ本学としては、その専門職に従事する方々の体制を逼迫させないように努めることも必要不可欠な役割であると教職員一同考えております。

 これらのことから、5月16日以降の授業実施方法については、以下の通りとします。予測ができない状況下、このような対応になることのご理解とご協力をお願いします。  

 最後に、学生並びに保護者の皆様が、様々なことを自粛して感染拡大防止に努めていただいていることに感謝申し上げます。引き続きご協力をお願い申し上げます。

 

〇令和3年5月16日以降の授業実施方法

期  間:令和3年5月17日(月)~令和3年5月31日(月)

実施方法:原則遠隔(オンライン)授業 (以下参照)      

 

<遠隔(オンライン)授業実施>

社会福祉学部、看護学部、リハビリテーション学部、医療技術学部 全学生

大学院研究科 全学生

短期大学部(専攻科含む) 全学生

※この期間、各キャンパスにて6月1日以降の通学再開の準備をします。

※学生の学内入構を制限するものではありません。入構の際は必ず受付にてチェックを受けてください。

※「実習」「演習」「資格取得に係る授業」等は「特例」で対面授業を可能としております。担当教員からの指示に従ってください。

※上記の「特例」には次のようなケースがあります。

①個別に学習指導が必要な場合  

②学校外から遠隔(オンライン)授業に参加できない場合  

③就職指導が必要な場合  

④卒業研究・卒業論文・修士論文指導が必要な場合  

⑤学習面・生活面での学生相談が必要な場合  

⑥各種実習指導が必要な場合  

⑦その他、対面での指導が必要と判断した場合

 

〇令和3年6月1日(火)以降の授業実施方法

期  間:令和3年6月1日(火)~

実施方法:対面及び遠隔(オンライン)授業 (別途webポータルにて通知)      

※実施方法については各キャンパスの環境・状況を鑑みた対応をいたします。

 

 なお、今後の新型コロナウイルス感染症の発生状況によっては、授業の実施方法の変更など追加の措置をお願いすることがあります。授業実施方法等については、今後も、ポータルサイトや教員からの連絡により常に最新の情報に注意をはらってください。また、学内外において常にマスクを着用して会話を控え、食事の際は「黙食」を徹底し、不要不急の外出を控えるなど、感染拡大の防止に努めて過ごしましょう。  

 感染拡大を抑え、普段の大学生活に戻るためには、ひとりひとりの自覚に基づく適切な行動が求められます。なにより、皆様自身や周りの方々の大切な命を守るため、ご理解、ご協力をお願いします。

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会