EN

授業情報 LESSON

授業情報
2021.07.13
[社会福祉学部] アンカンミンカン富所さんを迎えてSDGsについて一緒に考えました。

 

 社会福祉学部1年生がサービス・ラーニングの授業でお笑い芸人のアンカンミンカン富所さんと一緒にSDGsについて考えました。富所さんは県内各地を回りSDGsについての講演を行っています。今回は縁あって本学の学生へも講演していただきました。

 “今、我々にできることは、身近なことを「自分事」として捉えること。そのうえで、どのように考え、行動するか、これがSDGsにつながっていく。”そのために、様々なことを「調べる」、「知る」、「考える」ことが大切である。学生の胸にスッと落ちる言葉でした。

 これからもSDGsを「自分事」と捉え、考え、日頃の行動に結び付けていきます。なお、今回の授業風景が「TOWN介護 8月号」に掲載される予定です。

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会