EN

授業情報 LESSON

授業情報
2021.11.01
[社会福祉学部] 社会福祉学部1年生・SDGsに関する研究の計画発表 ~アンカンミンカンの富所哲平さんをゲストにお迎えして~

 10月8日(金)、吉本興業所属の群馬住みます芸人のアンカンミンカン・富所哲平さんをゲストに迎え、1年生が研究の計画を発表しました。共通するテーマは「SDGs」です。

 1年生は7月に一度、アンカンミンカン・富所さんから「SDGs」に関する講義を受けております。

 その際の「全員が当事者」「地球の自分ごと化」という富所さんのメッセージに大きく影響を受けた学生たちですが、どんな研究の計画を立てたのでしょうか。

1年生の研究グループは6つあります。

社会福祉コース:「つくる責任 つかう責任~私たちにできる食品ロス ゼロへの取り組み~」
福祉心理コース(Aグループ):「つくる責任 つかう責任~食品ロスに対して私たち消費者ができること~」
福祉心理コース(Bグループ):「すべての人に健康と福祉を~交通事故の半減に向けて~」
学校教育コース:「すべての人に健康と福祉を~質の高い教育を~」
児童福祉コース:「未来ある赤ちゃんを救おう!すべての人に健康と福祉を」
初等教育コース:「子ども食堂から学ぶ~貧困と飢餓について~」

 研究計画の発表では、1年生は緊張しながらも自分たちの興味・関心、これから研究したいことを伝えることができました。

 アンカンミンカン・富所さんからは、「研究したことをぜひアクションにつなげていって欲しい」「グループ研究から、お互いの良いところに気づいたり、チームワークを学んだりする機会として欲しい」「プレゼンでは、どういうふうに伝えたらよいか、その見せ方、伝え方を工夫しよう」「SDGsの17の目標の1つだけを見るのではなく、“面”でとらえるとよい」等のアドバイスをいただきました。

 1年生は、11月8日(月)の基礎演習Ⅰ授業内で「1学年・研究発表会」を予定しております。
 内容はもちろん、プレゼンの様子などを審査し、2グループを学年の代表として選出します。
 ゲスト審査員には、アンカンミンカン・富所さんもお越しくださいます。

 計画したものがどのような研究成果としてまとまるのか、楽しみです。

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会