• 資料請求
  • インスタグラム
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • ライン
2022.12.01
[全学部] チームケア教育が行われました

 11月26日(土)社会福祉学部、看護学部、リハビリテーション学部、医療技術学部、短期大学部の1年生によるチームケア教育が行われました。
 少子高齢化の進む中、近年の医療や福祉には多様なシステムが求められ、専門職が連携して対象者の多様なニーズに対応することが必要となっています。多職種連携は当たり前となり、現在、多職種連携の質も問われる時代となっています。群馬医療福祉大学では、福祉・医療・教育総合大学と言う特色を生かし、学部の枠を超えて、社会福祉、医療技術、介護、看護、リハビリの合同チームによる「チームケア学部間連携教育」を行っています。
 1年生では他学部との学生間の交流を通して他職種について理解し、多職種連携について関心を持つことを目標に各学部で準備を進め合同演習に臨んでいます。
 合同演習ではこれから自分たちが目指す職種について調べた事を発表し合い、簡単な事例をもとに自分が目指す職種の支援項目の共有を行いました。全体で顔をあわせるのは初めてでしたが、お互いに質問をし合う等、多職種連携の必要性について理解を深めようとしている姿勢が見られました。